GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

FP統一の『AグラインドR1』

2015/05/15 17:14

FP統一の『AグラインドR1』

全番手でFP値を統一。ロングアイアンは引 全番手でFP値を統一。ロングアイアンは引っかけにくく、ショートアイアンはラインを出しやすい

Aデザインゴルフの販売代理店であるテイクスインクは、『Aグラインド R1 CB』と『Aグラインド R1 ブレード』の2機種のアイアンヘッドを発売した。中堅メーカーで、開発兼ツアークラフトマンとして活躍していた赤穂勇介氏が、独立し設立したのが『Aデザインゴルフ』。トーナメントの現場から、ツアープロのニーズを形にするヘッドメーカーだ。

『R1 CB』や『R1 ブレード』の特長は、FP値を全番手で統一したこと。ネック形状がストレートネックに近くなり、ロングアイアンは引っかけにくく、ショートアイアンはショットでラインを出しやすい形状になっている。

『R1 CB』は前モデルより、若干コンパクトなサイズ。よりネックのストレート感が際立ち、キャビティのやさしさとブレードの操作性を併せ持つ。一方の『R1 ブレード』は、プロが絶賛したモデル。操作性はもちろんのこと、打感の良さが抜群で、思い切ってピンを狙える。

両モデルとも素材はS25C。ヘッド単品での販売で、『R1 CB』は1万8000円、『R1 ブレード』は1万6000円。ともに#4~PWがラインアップする。

問い合わせは、販売代理店のテイクスインク(045-949-8001)へ。

記事提供元