GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

満を持して『Aグラインド FW』発売

2015/04/06 15:00

上級者が好む仕上がりに

満を持して『Aグラインド FW』発売

Aデザインゴルフの販売代理店であるテイクスインクは5月9日、『AグラインドFW』(ヘッド単品:2万4000円)を発売する。知る人ぞ知るクラブデザイナー・赤穂勇介が立ち上げた「Aデザインゴルフ」。中堅メーカーで10年間、開発とプロサービスに従事し、開発案件で最も得意だったのがFW。満を持しての発売となる。

『AグラインドFW』は、同社クラブづくりのコンセプト通り、ツアープロからのフィードバックから生まれたFW。シンプル且つ、やや面長な洋梨形状で、上級者が好むスクエアなフェースアングル。精密鋳造による独自の内部構造がソリッドな打感を生み、体積、重心を番手毎にやや大きくフローさせることで、飛距離と方向安定性が向上しているという。また、ソール後方部を大胆に落とすことで浅重心設計を施しており、インパクト時のソールのヌケに寄与しているとか。

ラインアップは#3(ロフト角、ライ角、重量、FA、体積=14度、58度、212g、-1・0度、160cm3)、#3(15度、58度、212g、-1・0度、160cm3)、#4(18度、58度、221g、-1・0度、145cm3)、#5(21度、58度、225g、-1・0度、145cm3)の4ロフト。フェースには455SS、ボディには17-4SSを採用している。

地クラブメーカーで、ツアープロも使用するのが「Aデザインゴルフ」。昨春のウェッジから1年。フルラインアップが完成した。これまでの商品も工房の上級者に高い評価を得ているというから、FWへの期待が大きい。

問い合わせは販売代理店のテイクスインクへ、045-949-8001。

記事提供元