GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

目指そう!完全スクエア・インパクト

2011/05/09 16:00

タバタはこのたび、2011年ジャパンゴルフフェアで試作展示し、来場者から好評を博していた新製品『3レールチェッカー』(1575円)を発売した。

「目指そう!完全スクエア・インパクト」と謳う同製品は、溝が3本施されたパター練習器。その使用方法だが、ボール1個を使ったやさしめの練習と、2個のボールを使用し、同時にパッティングするむずかしめの練習、2通りの使用方法が可能だという。

ボール1個を使用した場合、中央のラインにボールをセットしてパッティング。ボールがレールから外れ、レール上の表示のOpen側に転がった場合は押し出し、Close側に転がった場合はひっかけていることが分かるというもの。

ボール2個を使った場合、両サイドのレールにボールをセットし、同時にパッティング。手前側(自分寄り)のボールが先行して転がる場合は、フェースが開いてインパクトしていることが分かり、奥側のボールが先行して転がる場合は、フェースが閉じてひっかけてパッティングしていることが分かるというもの。

パッティングの方向性は、インパクト時のフェース向きが目標に対してスクエアであるかによって決まる。同製品は、レール上のボールの転がり方をチェックすることで自分のパッティングのクセを見えるようにする練習器。本体サイズも約460mm×約94mmと手ごろな大きさなので場所を取らず、キャディバッグに入れておけばいつでも練習できるのも嬉しい。

同製品を使って練習すれば、スクエアなインパクトが体感でき、パッティングの技術向上にもつながること間違いなし!?

問い合わせはタバタへ、0120-989-023。

記事提供元