GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

老舗問屋がインドアスクール事業参入

2011/04/07 15:30

朝日ゴルフ用品が、ゴルフ総合企業への道を着々と固めている。企業内容も「GPSナビ」を自社生産するなど、問屋機能に加えてメーカー色も強めているが、今度はソフトビジネスの参入をぶち上げた。4月17日(日)、延床面積100坪の大型インドアスクール『ナチュラグリーンゴルフクラブ』を六甲道(神戸市)にオープンする。

場所は駅から5分と好立地。レッスンプロ2名を筆頭とした4~5名体制で、充実した設備が持ち味だ。弾道解析機(シーデック)とシミュレーション(ゴルフゾン)を備える特設レンジが8打席(左右打席レンジ1打席)でゴルファーのニーズに応えていく。会員数は350~400名を目論んでいる。

注目はその立地。阪神間の閑静な住宅アクセスステーションJR六甲道は、全国で50番目に乗車率が多い駅で、灘区の中心市街地に位置する(三宮から5分、大阪から20分)。総合庁舎や大規模商業施設、超高層マンションなどが集積しており、神戸大学など学校も多い。人口13万人弱ながら、昼間人口は12万人強と他地域からの通勤・通学者が多く若年層から高年層まで広がりをみせたエリアだ。事業責任者の氷室直樹次長によると、

「想定するターゲットは、向上心のあるゴルファー。これからゴルフを始める人や初心者、主に女性なので、ここに決めました。マンツーマンというよりは、みんなで楽しく、気軽に来られる場を提供していきたい。まずは、インドアでゴルフの楽しさやスイングの基本を知ってもらい、練習場で実際の弾道を確認、そしてゴルフ場へ足を運んでもらう。つまり、導線作りのとっかかりを我々が担うわけです。ゴルファーを増やさないことには、我々業界の未来はありません」

その志は熱く固いのである。

練習場、ゴルフ場との関連性も強化。既にゴルフ場とのパイプは、GPSナビ『イーグルビジョン』で獲得、強固になっている。これと連携するポータルサイト「元気!ゴルフ」の会員も1万人弱を有しており、こことの連動も視野に入れる。

初年度の売上目標は7000万円に設定。これをベースに全国展開へ繋げる方針だ。B2BからB2Cへ――。エンドユーザーの囲い込みで企業力の底上げを図る。現在第一期新規会員を募集中。5月までに入会すると、通常1万500円の入会金が50%オフ、初年度年会費2100円が無料になる特典がある。さらに4月末までの入会者全員にクラブケースとグローブの進呈も。詳細はこちら。

■ ナチュラグリーンゴルフクラブ

〒657-0037
神戸市灘区備後町4丁目1-1ウェルブ六甲道3番街1番館2F
TEL078-842-3737
営業時間:平日10時~22時、土日祝9時~20時
定休日:水曜日(4月中は無休)

記事提供元