GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之と共同開発『Fujitaマット1.5』登場

2011/04/07 11:00

タバタは4月初旬、2010年JGTO国内賞金ランキング2位の藤田寛之と共同開発したパターマット『Fujitaマット1.5』(オープンプライス)を発売する。

同製品は、藤田が練習時に使用していた特注パターマットを実際に商品化。特長は、マット全長が1.7m(有効長1.5m)で、スコアメイクのパッティング練習に特化していること。藤田いわく、「1.5mの距離に自信をつけることで、アプローチやティショットの攻め方が楽になり、カップからの発想でゴルフの組み立てがガラリと変わる」という。

また、通常のカップ径は108mmだが、同製品のカップ径は63mmとなっており、繰り返し練習することで、実際のグリーンに立った時の大きな安心感、ストローク精度の向上を実現。マットセンターには、20mmの白いラインを入れることで、自然にストレートなストロークが身につくと同時に、実際のグリーンで仮想のラインをイメージさせる効果もあるという。

「このマットは構えや打ち方をトレーニングするというよりも、白いラインをなぞって小さなカップに入れることが目的です。繰り返して練習することで、自然と真っ直ぐなパッティングが打てるようになります」(藤田寛之)

まさに、「藤田イズム」満載の実戦パターマットの誕生だ。

問い合わせはタバタへ、0120-989-023。

記事提供元