GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

ようこそ、キャメロンワールドへ

「スコッティ・キャメロン ミュージム&ギャラリー」が、静岡県の浜松シーサイドゴルフクラブ内にグランドオープンした。オープンに際して、メディア向けのイベントが実施され、キャメロン氏本人も来場、「一つの夢が叶った」と感慨深げに語った。

ミュージアム内には数々のパターやオリジナルグッズが展示されている。さらに同氏の愛車も展示するなど、キャメロンワールドを見事に演出。マニアにとっては、二つとない空間だ。入場料は一般で1500円など。

その中でも注目されるのが、「カリフォルニアと全く同じ内容で作った」(キャメロン氏)というフィッティングスタジオだ。タイガー・ウッズリッキー・ファウラーといったトッププロが足繁く通うスタジオをそのまま日本に移したといった様相。スタジオには様々なアングルに設置された高速度カメラを8台導入し、コンピュータでゴルファーのパッティングストロークやボールの転がりなどを分析してくれる。

コンピュータとカメラを作動させるフィッティングの料金は30分1万5000円(アマチュア)と高額。全ての項目を分析するには1時間から1時間半を要するとのことだ。これに加えて、カスタムショップも併設。ここでは新規購入や持ち込み加工もできるので、世界で1本のキャメロンパターが作れるという触れ込みだ。

ちなみに、このイベントが開催されたのは、東北地方太平洋沖地震が発生した3月11日。翌々日に延期されたグランドオープニングセレモニーでは、オークションにかけられたプロトタイプのキャディバッグが42万円で落札され、それが義援金として寄付されたという。ちなみに、セレモニーに参加したキャメロン氏は、3月14日に関西空港から無事帰国の途に着いたという。

記事提供元