GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

11年秋冬は4テーマのシェルボ

2011/02/02 11:00

グリップインターナショナルは1月27日、都内オフィスで2011年秋冬「シェルボ」コレクションの展示受注会を開催した。今回の展示会では4テーマにラインアップを分けているが、基本的にはイタリアでこのほど開催されたショーのイメージを踏襲しているとか。

具体的には1.トスカーナ・ハーベスト、2.モダンスポーツライン、3.ウッズ&アイアン、4.バティックモチーフの4つ。

トスカーナ・ハーベストは、イタリア・トスカーナ地方の収穫期を表現している。そのため、地中海で収穫されるブドウのグレープや土の赤茶色、そしてインディゴブルーがコレクションカラーとなっている。

2つ目のモダンスポーツはイタリアの跳ね馬フェラーリのごとく、ディテールまでこだわりエッジの効いたデザインに、メカニックカラーといえる黒、シルバーを中心に白、赤、青というカラーを応用している。

次のウッズ&アイアンは木と鉄。永遠不変なゴルフウエアに機能性を持たせたラインで、千鳥格子やグレンチェックを多用し、街着としても着用できるデザインを採用している。

最後のバティックモチーフは、南米高地の民族衣装をデザインのヒントに造られたラインとなる。

ラインの構成比は、1=30%、2=40%、3=20%、4=10%で、全体ではメンズ50型、レディス70型、アクセサリー類30型。現在、36店舗(直営6店舗を含む)で展開しており、今後は同社の展開するブランドとバランスをとりながら取扱店舗を増やす予定。

記事提供元