GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

本来いなかったはずの選手が首位発進 その理由って?

夕闇迫るなか、投光器を点けた練習場で練習 夕闇迫るなか、投光器を点けた練習場で練習をする選手たち

◇米国男子◇シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン 初日(3日)◇TPCサマリン(ネバダ州)◇7255yd(パー71)

1983年に第1回大会が開催された「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」は、今年初めて11月に大会が行われている。112年ぶりにゴルフ競技が復活した「リオデジャネイロ五輪」と、それに続く「ライダーカップ」の影響を受け、いつもよりも数週間後ろ倒しの日程となったためだ。

この日程変更により、日照時間が短くなることを懸念した大会側は、PGAツアーに出場人数を昨年までの144人から132人へと減らすことを打診した。ツアー側も承諾したが、この変更がエントリーを受け付けるコンピューターに入力されず、ツアーがこのミスに気付いたときには、すでに手の下しようがなかったため、今年も144人のフィールドでプレーされている。

ちなみに、ネバダ州ラスベガスの日照時間を比べると、今年(11月3日)は<日の出:7時6分/日没:17時42分>で、昨年(10月22日)は<日の出:6時54分/日没:17時56分>。日照時間は26分間短くなっている。そのため、予選ラウンド2日間は最初から日没サスペンデッドが確定的で、初日は26人がホールアウトできなかった。

付け加えると、本来はフィールドに入っていなかったはずの12人(※)の1人が、初日にコースレコードに並ぶ11アンダー「60」をマークして首位に立ったロドニー・パンプリング(オーストラリア)だというのだから、なんとも不思議な因縁だ。

なお、今大会は来シーズンも11月開催の予定だが、来年(こそ)は132人のフィールドでプレーされることになるという。

※132人のフィールドでは、出場優先順位により本来出場できなかった12選手
マッケンジー・ヒューズライアン・ブロームJ.T.ポストンゴンサロ・フェルナンデスカスターニョ、ドミニク・ボゼッリ、ロドニー・パンプリングシーマス・パワー、潘政琮、トレイ・マリナックスケビン・ツエーウィル・マッケンジー、ジュリアン・エトゥレイン

今岡涼太(いまおかりょうた)
1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?