GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

引退した“同級生の星”と遅咲き41歳の決して交わらぬ人生

2016/11/25 12:53

41歳での初シードを確定させている岩本高志が2位発進を決めた

◇国内男子◇カシオワールドオープン 2日目(25日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

同じ41歳のスポーツ選手。輝かしい実績を残して引退する者もいれば、ようやく戦いの場への足がかりをつかんだ者もいる。

プロ19年目の岩本高志が前週までに賞金ランク63位とし、初めて来季シード(上位75人まで)を確定させた。専修大卒業後の1998年にプロ転向。今季こそQTランキング30位で出場権をつかんだが、昨季までレギュラーツアー出場は年間1試合~数試合というシーズンを10年以上続けてきた。生計を立てるため、7年ほど前からレッスンスタジオで一般アマチュアの指導もしている。

苦労を重ねながら手にした初シードに「来年また試合に出られることは今までの経験していないので、幸せに思っています」と、喜びをかみ締めた。

ところで、専修大卒の41歳のプロスポーツ選手と言えば、投手として活躍した元メジャーリーガーの黒田博樹さんがいる。日米通算200勝の金字塔を打ちたて、今年10月に惜しまれながらも引退を表明した。

同じ学び舎で、同学年だった。戦いのフィールドは違っても、華やかな将来を夢見て練習に明け暮れた。ただ、それだけだ。直接のつながりはない。岩本は「同級生ですけど、向こうはスーパースター。僕のことは知らないはずです」と話す。

プロデビューから約20年間、歩んできた道は対照的だが、どこかで意識してきた“同級生の星”。黒田さんが引退した年に、岩本が初めてのシードを手にしたことも、また奇妙なすれ違いなのかもしれない。(高知県芸西村/塚田達也)

塚田達也(つかだたつや)
1977年8月23日生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?