GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

世界を旅する22歳・川村昌弘 欧亜の連携強化は追い風か?

2015/10/30 20:01

日亜ツアーの掛け持ちを続ける川村昌弘。欧 日亜ツアーの掛け持ちを続ける川村昌弘。欧州進出へ追い風は吹くか

2013年の日亜共催「アジアパシフィックパナソニックオープン」優勝からアジアンツアー出場への扉を開き、国内ツアーとの掛け持ちを始めてから今年で2年目。22歳の川村昌弘は今季、国内ツアー14試合、アジアンツアー9試合に出場した。

日本ツアーの賞金ランクは前週を終えた時点で38位と、来季の第1シード(上位60位まで)を手中に収めた。今週の「マイナビABCチャンピオンシップ」(予選落ち)、次週の「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」で、今季16試合の出場義務試合数(全米オープンを含む)も満たすため、国内とアジアのどちらに出場するか、参戦の自由度は増す。

アジアの賞金ランクは30位につけ、こちらも上位60人までに付与される来季シードはすでに確実にした。今は「30位までに入れば、来年の欧州ツアー(共催競技)に出場できるチャンスが増える」と、12月中旬のシーズン最終戦までの圏内入りを目標ラインに置いている。

川村がアジアンツアーに強い関心を寄せる理由の1つが、欧州ツアー共催競技の存在だ。1999年に初めて両ツアーの共催競技が行われてから、これまで92試合が実施されてきた。共催競技で優勝に近い成績を残し、欧州の出場権につなげたいと目論む。

追い風になりそうなのが、両ツアーが8月21日に発表した連携強化への共同声明だ。詳細はまだ明らかになっていないが、近い将来、アジアから欧州へのルートがより開かれたものになることを示唆した内容になっている。

推測の域を出るわけではないが、アジアンツアーで稼いだ賞金が、欧州ツアーへの出場権に直結する仕組みに変わる可能性もある。川村は「欧州に行きたい自分にとっては、これほど良い話はない。勝負していきたい」と、新たな動きを歓迎する。

新たな仕組みを視野に今季中からできるだけアジアの賞金を加算したい考えもある一方で、国内もシーズン最終戦まで賞金額が多いトーナメントが続くだけに、現時点で今後の出場予定はノープラン。両ツアーのスケジュールをにらみながら、頭を悩ます終盤戦となりそうだ。(兵庫県加東市/塚田達也)

塚田達也(つかだたつや)
1977年8月23日生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?