GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ハッサンIIトロフィー
期間:03/26~03/29  場所: ゴルフ・ドゥ・パレロイヤル(モロッコ)

岩田寛 欧州でシャイボーイは通用したか?

2015/03/28 07:52

不本意なプレーにどう向き合うか?スコアではなく、その姿勢がより重要だ

プレーしている本人も大きなショックを受けたに違いないが、それは見ている方も同じだった。欧州ツアー「ハッサンIIトロフィー」初日に、岩田寛が1ホールを残して棄権した。なぜあと1ホールできなかったのか?なぜ翌日プレーできなかったのか?首痛はあったに違いないが、1ホール残して辞めた意味は決して小さくはないと思う。

振り返れば、プロアマ戦から兆候はあった。練習日から吹き付けた強風は、日本では競技中止になるのでは?と思われるほど。ただでさえ、大きなうねりを持ち、狙う幅の限られたグリーンを捉えるのは難しいが、それに強風が加われば、“綺麗なゴルフ”をすることはほぼ不可能だ。とはいえ、プロアマ戦でともに回った欧州の紳士方を驚かせたのは、岩田が後半多くのホールで、球を途中で拾い上げてしまったことだった。

同伴競技者に申し訳ないという気持ちがあったのかもしれない。また、プロアマはチーム戦のため、別のアマチュアのスコアがカウントされ、ゲームは問題なく進行される。だが、シャイな岩田の性格を知る由もない彼らの目に焼き付いたのは、執着心のない、1打をおろそかにする、外国から来たひ弱なプロゴルファーの姿だった。

プロゴルファーとして、「80」や「90」というスコアが許せないという気持ちは分かる。だが、それは本人たちが思うほど、見ている方が好奇のまなざしで捉えるかと言えば違うと思う。「なんだ、そんなに大叩きしたのか。へたくそだなぁ」ではなく、「プロでもそんなスコアになるほど難しいのか?」「いったいどうしたんだろう?怪我や問題でもあるのかな?」といった受け止め方が大半だろう。

むしろ、そんな困難に立ち向かって、1日、2日とラウンドを続けたプロには尊敬すら覚えてしまう。プライドは傷付くかもしれないが、人としての強さが発揮される場面だと思う。

世界ゴルフ殿堂入りを果たしているレジェンド・青木功は、友人との遊びゴルフですら決して手を抜かないという。1打でもそういう球を打ってしまうと、試合でも同じショットが出てしまうから、常に目の前の1打に全力投球。プロとしての心構えが日常から違っている。

過去の出来事は、しょせんは過去のこと。いつまでも引きずる必要はさらさらない。岩田には是非ともまた来年、ここモロッコに来てリベンジをしてもらいたい。(モロッコ・アガディール/今岡涼太)

今岡涼太(いまおかりょうた)
1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。