GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフも時短へ 欧州ツアーが6ホール制ダブルスマッチプレー大会を発表

2017/02/13 12:10

欧州ツアーのキース・ペリーCEOは「ゴル 欧州ツアーのキース・ペリーCEOは「ゴルフの現代化のために革新的な競技方法が非常に重要だ」と語る (Ross Kinnaird/Getty Images)

欧州ツアーは12日(日)、新規の団体戦として「ゴルフシックス」(Golf Sixes)を開催することを発表した。5月6日(土)から英国ロンドン近郊のセンチュリオンクラブで行われる2日間競技。6ホールで行われるダブルスのマッチプレーを基にした新しい試みだ。

出場するのは16カ国32人。3月13日時点で、欧州ツアーの出場優先順位における各国の最高位の選手が、同じ国のツアーメンバーの中からパートナーを指名する。16チームは4つのグループに分かれて、初日の6日(土)に各組で総当たり戦(3マッチ)を実施。勝ち点制(勝ち3点、引き分け1点)による各グループ上位2位までの8カ国で、7日(日)の準々決勝、準決勝、決勝戦を行う。

1つのマッチは6ホールだけで争われるダブルス戦。各ホールで、両選手が放ったティショットのボールを選択し、2打目以降は交互に打って1ホールごとのスコアを競う「グリーンサム」というフォーマットだ。

賞金総額100万ユーロ(約1億2000万円)だけでなく、ファンサービスも画期的なものを準備しているという。会場となる6ホールはギャラリー用の観覧エリアを取り囲むように設定され、1番ティグラウンドでは音楽や花火を使って場内を盛り上げる。選手たちはファンとの交流を推奨され、試合の合間にファンゾーンでのQ&Aに参加したり、ソーシャルメディアでのライブストリーミングも実施される。既に英スカイスポーツでの放送も決まっている。

欧州ツアーのキース・ペリーCEOは「私たちはこれまでもゴルフには現代化が必要で、その実現には革新的な競技方法が非常に重要だと言ってきた。このゴルフシックスを発表できたことを喜ばしく思う」とコメント。従来のツアー競技よりも短縮化、コンパクト化された大会に胸を張る。「ゴルフファンであろうがなかろうが、5月にはぜひセンチュリオンクラブに来ていただきたい。以前はゴルフ場で味わえなかった経験を体験してほしい」とアピールした。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。