GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ボルボ中国オープン
期間:04/27~04/30  場所: トップウィンG&CC(中国)

ララサバルが中国で単独首位に浮上

2日目を終えてトップに立ったパブロ・ララ 2日目を終えてトップに立ったパブロ・ララサバル(Lintao Zhang/Getty Images)

「ボルボ中国オープン」は2日目にトップウィンG&CCで見事「66」をマークしたパブロ・ララサバルが3打差の首位で週末を迎える展開となった。

スペインのララサバルは、前週の「深センインターナショナル」で11位タイに入るなど、今季はこれまで9大会の出場で4回トップ15入りを果たす好調ぶりを発揮している。前週のゲンゾンGCでは決勝ラウンドを通じてノーボギーを貫いたことで好成績に繋げたララサバルだったが、この2日目は17番ホールでついにボギーを叩き、連続ノーボギーが81ホールで止まるも、通算14アンダーまでスコアを伸ばした。

通算11アンダーの2位タイには、この日コースレコードに並ぶ「63」を叩き出した南アフリカのディラン・フリッテル、そして全日にコースレコードを叩き出し、この日は「70」でラウンドした初日首位のアレクサンダー・レビがつけている。その1打後方には、2日目をノーボギーの「65」で回った韓国のイ・スミンとベルギーのトーマス・デトリーがつけており、通算8アンダーには南アフリカのジョージ・クッツェーがつけている。

5番、6番、そしてチップショットの美技を見せた8番でバーディを奪うなど、「33」でハーフターンしたララサバルが首位のフリッテルを捉えるのに時間はかからなかった。その後、33歳のララサバルは短いパー4の11番でワンオンに成功してイーグルをお膳立てすると、グリーンの外からパターでねじ込んだ12番、そして15番とバーディを重ね、4打差のリードを築き上げた。

ララサバルはチップショットをミスした17番で82ホールぶりのボギーを叩くも、最後はパーでまとめ、絶好の位置で週末を迎えることとなった。「今週を迎えるにあたり、自信があったのが良かった。先週やっていたことをそのまま継続しようと努めているのだけど、今のところは好調だね」とララサバル。「(深センでは)恐らくティからグリーンにかけてのプレーはキャリアで最高のゴルフだったと思うけれど、パットが全然入らなかったんだ。先週は思うようにパットが決まらないながらも、週末を11アンダーで回ったのだけど、この2日間は、逆の展開となっているね」。

「この2日間はいい出来だった。プレーもパットも素晴らしいプレーができているから、週末を楽しみにしているよ。大会で首位に立つのは久しぶりのことだけど、いいものだね。残りの36ホールも願わくば良いプレーをして、その上でどうなるかということだね」。

今季は、初戦からの4大会で3回予選落ちを喫したフリッテルだったが、それ以降は安定感を絵に描いたようなプレーを続けており、先週は深センでシーズンベストとなる5位タイに入った。10番から出たチャレンジツアー上がりのフリッテルは、バーディ、イーグルと理想的なスタートを切ると、15番、17番、そして18番とバーディを奪い、「30」でハーフターンした。フリッテルは見事なショットからバーディを奪った3番で首位に並ぶと、6番でもバーディを奪って今週の2ケタアンダー一番乗りを果たした。

8番でもバーディを奪ったフリッテルはリードを広げ、クラブハウスターゲットを定めてホールアウトした。レビは4番と7番でバーディを奪うも、3番と5番でスコアを落とし、その後はララサバルがチャージをかけるなか、自身は9ホール連続パーとして後退した。しかし、精度の高いアイアンショットで上がり2ホールで連続バーディを奪ったフランスのレビは、週末へ向け、しっかりと優勝争いの一角に食い込んだ。

4番、5番、6番、そして8番でバーディを奪ったイは、続く9番でも見事なショットからバーディをお膳立てし、「31」でハーフターン。その後、イは距離の短いパー4の11番とパー5の12番でバーディを奪い、上がり6ホールを連続パーとしてホールアウトした。

バックナインからスタートしたクッツェーは、11番で2日連続となるバーディを奪うと、12番ではボギーを叩くも、13番、15番、そして16番とスコアを伸ばし、「33」でハーフターンした。クッツェーは7番で大きく左へ切れるラインを読み切ってバーディを奪い、一時はレビに並ぶも、最終ホールをボギーとし、「69」をマークした。

4番から4連続バーディを奪ったデトリーは、13番こそボギーを叩くも、その後の3連続バーディが物を言い、2日目を「66」でラウンドした。通算7アンダーには、ディーン・バーメスターヤコ・バンザイルの南アフリカ人コンビ、オランダのユースト・ラウテン、ドイツのベルント・リトハンメル、イングランドのグレーム・ストーム、2010年大会王者のY.E.ヤン、そして先週の勝者であるベルント・ヴィースベルガーがつけている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。