GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

KLMオープン
期間:09/08~09/11  場所: ザ・ダッチ(オランダ)

ユースト・ラウテンの勝利が示すこれだけのこと

KLMオープン(2016年9月8~11日) 優勝:ユースト・ラウテン

オランダ勢として初の同一大会2勝目を飾っ オランダ勢として初の同一大会2勝目を飾ったJ.ラウテン(Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

・欧州ツアー201回目の出場にして5勝目。

・今季「レース・トゥ・ドバイ」の獲得ポイントが1,261,283ポイントに上昇。

・公式世界ゴルフランキングは73位からトップ60圏内に浮上。

・2014年の「ISPS HANDAウェールズオープン」以来、1年356日ぶりの欧州ツアー制覇。

・その間、ラウテンは欧州ツアーの大会に45回出場。

・この勝利により、2014年に優勝して以来の最高成績だった2016年の「スペインオープン」と「深センインターナショナル」での2位を更新。

・2014年のウェールズでの勝利以来、欧州ツアーでのトップ10入りはこれが11回目。

・好調の2016年シーズンを送っているラウテンは、この勝利により今季9度目のトップ10入りを果たした。今季ラウテンは、「アルフレッド・ダンヒル選手権」で5位タイ、「タイランドクラシック」で6位、「オメガドバイデザートクラシック」で8位タイ、「スペインオープン」で2位タイ、「深センインターナショナル」で2位タイ、「ライオネスオープン」で6位タイ、第100回「フランスオープン」で9位タイに入り、「KLMオープン」で優勝を遂げた。

・今季9度のトップ10入りは今季最多記録。

・1972年に「KLMオープン」が欧州ツアーに組み込まれて以降、オランダ人選手による同大会の複数回優勝はラウテンが初。

・1972年に「KLMオープン」が欧州ツアーに組み込まれて以降、オランダ人選手による同大会の制覇は今回が3回目。これまで、マーティン・ラフェバー(2003年)とユースト・ラウテン(2013年及び2016年)が同大会を制覇している。

・ラウテンは「KLMオープン」12回目の出場で2勝目を挙げた。

・ラウテンによる「KLMオープン」でのトップ6入りは今回で5回目。2007年は2位、2011年は6位タイ、2013年は優勝、2014年は5位タイに入り、2016年に再び大会を制した。

<その他>

・ラウテンは今大会で最終日に3打差を逆転して優勝。欧州ツアー5勝のうち、逆転勝利は今回が2度目。ラウテンは2011年の「イスカンダルジョホールオープン」で4打差を逆転して優勝している。

・今季、最終日に逆転で優勝したのは今回のラウテンが延べ16人目。

・最終日「63」は、ヘンリック・ステンソン(全英オープン)とシャール・シュワルツェル(ツワネオープン)に並ぶ今季の勝者による最終日の最少ストローク。

・最終日の8アンダー(63)というスコアは、ヘンリック・ステンソン(全英オープンでの最終日8アンダー「63」))と李昊桐(ボルボ中国オープンでの8アンダー「64」))に並ぶ、今季最少アンダーパー。

・「KLMオープン」が欧州ツアーに組み込まれた1972年以降では、ラウテンによる最終日「63」は優勝者による最少タイ記録。これまでは、リー・ウェストウッド(1999年大会で最終日「63(8アンダー)」をマーク)とサイモン・ダイソン(2009年大会で最終日「63(7アンダー)」をマーク)がこれを達成している。

・オランダ人選手によるツアー最多勝を更新。ロバート・ヤン・ダークセンがラウテンに次ぐ2勝を挙げている。

・欧州ツアー史上、オランダ人選手による9回目の勝利。

・今季初のオランダ人選手による勝利。

・オランダ人選手よるツアー制覇は、ラウテン本人が優勝した2014年の「ISPS HANDAウェールズオープン」以来。

・ラウテンによる同一大会での複数回優勝はこれが初めて。

・「KLMオープン」が欧州ツアーに組み込まれた1972年以降、同大会で複数回優勝を果たしたのは、今回のラウテンが7人目。彼以外では、セベ・バレステロス(1976、80、86)、ボブ・バイマン(1977、78)、グラハム・マーシュ(1979、85)、ベルンハルト・ランガー(1984、92、2001)、スティーブン・ラーニー(1998、2000)、そしてサイモン・ダイソン(2006、09、11)がこれを達成している。

・オランダ人選手による欧州ツアーの同一大会2勝は史上初。

・プロ通算8勝目。

・2018年シーズン末まで欧州ツアーのシード権を獲得。

・2016年シーズンの欧州ツアーでチャレンジツアー上がりの選手が優勝したのは今回が13回目。今季は、ブランドン・ストーン(BMW南アフリカオープン)、ヘイドン・ポルテウス(ヨハネスブルグオープン)、ブランデン・グレース(コマーシャルバンクカタールマスターズ)、マーカス・フレイザー(メイバンク選手権マレーシア)、ルイ・ウーストハイゼン(ISPS HANDAパースインターナショナル)、アンドリュー・ジョンストン(スペインオープン)、マシュー・フィッツパトリック(ノルデアマスターズ)、ヘンリック・ステンソン(BWMインターナショナルオープン及び第145回全英オープン)、アレックス・ノレン(アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン及びオメガ欧州マスターズ)、アンソニー・ウォール(アバディーンアセットマネジメント ポール・ローリーマッチプレー)、そしてユースト・ラウテン(KLMオープン)が優勝を遂げている。

・チャレンジツアー上がりの選手よる欧州ツアー制覇は今回が通算385回目。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。