GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン
期間:07/07~07/10  場所: キャッスル・スチュワートゴルフリンクス(スコットランド)

キャッスル・スチュワートでノレンが首位を堅持

「アバディーンアセットマネジメントスコットランドオープン」はキャッスル・スチュワートでの劇的な3日目を経て、アレックス・ノレンが2打差の首位で最終日を迎えることとなった。

この日の序盤はバーディとイーグルが続出するこれまでで最も易しいコンディションとなり、リーダーボードが混戦模様となるなか、一時は5人が首位を分け合う展開となった。

しかしながら、午後は強い雨がコースに降り注ぎ、終わってみれば3日目を「68」でラウンドしたノレンが通算12アンダーとし、イングランドのティレル・ハットンとイタリアのマッテオ・マナッセロに2打差をつけて首位の座を堅持した。

ノレンは先週の第100回「フランスオープン」ではトップ10入りを果たしており、勢いに乗っている。一方、2年前のこの大会以来、トップ10入りのないマナッセロは目を見張る復調振りを見せている。

ハットンはヨーロピツアー79大会目の出場で初優勝を狙っている。

通算9アンダーにはダニー・リージャスティン・ウォルターズがつけており、その1打後方にはアンディ・サリバングレーム・マクドウェルが続いている。

「とてもハッピー」とノレン。「バックナインはとてもタフだった。でも、結局のところ、そこまで多くの酷なホールがあるわけではないし、易しいホールや中くらいのホールがタフになっているのであって、雨の有無がスコアを左右する主たる要因ではあったね」。

「これまで、リードしていても、それにしがみついているだけでは確実に勝てるわけではないことを学んできた。通算6、7アンダーの選手だって、あしたすばらしいラウンドをすれば勝つチャンスはあるんだ」。

「タフな戦いになるよ。良いラウンドとなるよう努めるし、よく言うように、キャディと一緒に一打一打しっかりプレーするようにするよ」。

1打差の首位でスタートしたノレンだったが、序盤はバーディ、イーグル、バーディのスタートを切ったハットンにすぐさま捕らえられる展開となった。

スウェーデンのノレンは2番でバーディを奪ったことで単独首位に返り咲くも、パー5の6番で見事な2打目からイーグルを奪ったマナッセロが、今週初めて二桁アンダーに乗せ、単独首位の座を奪った。

マナッセロが続く7番をボギーとしたことで、ノレンが再び首位タイに浮上。ノレンも7番でボギーを叩くが、9番でバーディを奪って前半を「35」とし、首位タイで後半へと折り返した。

ノレンは10番でもバーディを奪い、マナッセロがボギーを叩いたこともあって、2打差の首位に立つも、この日、1番、4番、6番、13番、14番、そして15番でバーディを奪っていたウォルターズが最終ホールでもバーディを奪ってノレンとの差を縮め、通算9アンダーのクラブハウスリーダーに立った。

2番のバーディ以降沈黙の続いていたリーだったが、11番と12番で連続バーディを奪い、ノレンが12番をボギーとしたことで単独首位に躍り出た。

ハットンが17番でバーディを奪い、マナッセロも14番でバーディを奪う一方、リーが13番をボギーとしたことで、通算9アンダーで5人が首位を分け合う格好となった。

ノレンは14番のバーディで一歩抜け出すも、ハットンは上がり2ホールをバーディとして通算10アンダーでクラブハウスターゲットを塗り替えた。その後、15番でバンプアンドラン(グリーンの手前にボールを落として転がして寄せる)を決めたマナッセロが16番でもバーディを奪い、単独首位に浮上。

しかし、マナッセロが17番でボギーを叩いたのに対し、ノレンはパー3の同ホールをバーディとすると、続く18番でもこの日6つ目のバーディを奪い、再びツアー4勝のノレンが単独首位の座に収まることとなった。

サリバンは2イーグル、2バーディ、2ボギーの「68」で3日目をラウンド。一方、2008年の大会王者であるマクドウェルは、後半に「32」をマークし、3日目を「69」でラウンドした。

通算7アンダーにはウォルターズがマークした今週のベストラウンドに並ぶ「65」でプレーしたロマン・ワッテルがつけており、その一打後方にはリチャード・ブランドホルヘ・カンピージョニコラス・コルサーツリカルド・ゴウベイアマルティン・カイマークリス・ペイズリー、そしてリッチー・ラムゼイがつけている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。