GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

差は詰まるもイ・スミンが深センで首位をキープ

2016/04/24 08:28

日没サスペンデッドとなった「深センインターナショナル」3日目は、見事「62」でラウンドしたカラム・シンクィンが首位との差を2打差に縮め、クラブハウスターゲットを設定して前日首位のイ・スミンにプレッシャーを掛ける展開となった。

合計してもヨーロピアンツアーの出場回数が僅か17回に留まっている2人だが、雷雨の予報が的中しなかったこの日、ゲンゾンGCで首位争いを繰り広げるこの2人が経験不足を露呈することはなかった。

初日2日間で合計6時間半以上のプレー時間が削られるなか、35人の選手は土曜朝まで第2ラウンドのプレーが開始できない事態となり、首位に立つイは第3ラウンドの残り7ホールが日曜日に持ち越されることとなった。

韓国のイは金曜のうちに2ラウンドを終了することができた選手の一人であり、土曜の朝にイの打ち立てた3打差のリードを覆す選手は現れなかった。

イは第3ラウンドをスタートすると、3ホール終了時点でその差を5ストロークに広げるも、この日、主役の座を奪ったのはシンクィンで、前半を「29」でラウンドして瞬く間にリーダーボードを駆け上がった。

第2ラウンドを最終組でプレーした22歳のシンクィンは、大会3日目の朝に第2ラウンドを丸々プレーすることとなり、初日から2ラウンド連続して「71」をマークした彼は、カットラインからわずか2打差で週末のラウンドを迎えた。

しかし、疲れを感じさせないプレーを披露したシンクィンは序盤の11番、12番、13番、14番、そして15番でバーディを奪うと、17番ではイーグルを奪い、通算9アンダーまでスコアを伸ばして5人が並ぶ2位タイまで順位を上げた。

その後、リー・スラッテリーが4番でバーディを奪って通算10アンダーとするも、シンクィンが2番でバーディを奪ったのに対し、「M2Mロシアオープン」王者のスラッテリーが7番でボギーを叩いたことにより、シンクィンが単独2位となった。

イングランドのシンクィンは難度の高い5番で大きく曲がるバーディパットを決めて首位との差を3打差とすると、9番でもバーディを奪い、大会ベストスコアを更新するラウンドを展開するも、この日はプリファードライが採用されたため、公式記録とはならなかった。

「この大会のこれまでのベストスコアを3打更新するラウンドだったので、そんなプレーができてよかった」とシンクィン。

「本当のことを言うと、幾つかのパットを決め損なったのだけど、それでも最高のラウンドだった」。

「1Wの調子が良かったし、パー5ではその良いティショットの利を活かすことができたよ」。

「メイバンク選手権マレーシア」で2位に入ったイは、2番でのバーディの後は9ホール連続でパーとし、通算14アンダーとして今週はノーボギーを継続しながらヨーロピアンツアー初優勝を狙っている。

「今日は少しばかりナーバスになりましたが、それでも、チッピングが好調で、ショートパットをしっかり決め切ることができたことにより、自信を感じることができました」。

「とにかくノーボギーで回り、ミスをしないよう心掛けましたが、明日も同じようになるでしょう」。

「フェアウェイを捉え、パーオンを達成するよう試みるだけですし、とにかくボギーを打たないようにしたいですね」。

「今週は自分のゴルフの助けになっていますし、自信にもなっています。マレーシアでプレーしたときはとてもナーバスになりましたが、明日の終わりに優勝のチャンスがあるようであれば、今回はマシな立ち振る舞いができると思います」。

通算10アンダーで第3ラウンドをスタートしたユースト・ラウテンは、この日スコアを一つ落とし、11ホール終了時点でこの日のスコアを1オーバーとしており、12ホールを終了したアイルランドのポール・ダン、そして13ホールを終了したアレクサンダー・レビと並んでいる。

その後方には、第3ラウンドを「67」で回ったトービヨン・オルセンがつけており、いずれも第3ラウンドの残りホールが日曜朝の6時半以降に持ち越しとなったブラッドリー・ドレッジ、セバスチャン・グロー、そしてエドュアルド・デラリバもこの位置につけている。


特集

GDOゴルフ動画
松山英樹プロ、石川遼プロも活躍するUSPGAツアーのハイライト映像や、人気レッスンプロの実践的で分かりやすいゴルフレッスン動画など、ゴルフの映像コンテンツが満載!
世界ランキングを牽引する欧州勢の強さの秘密!多様性に富んだヨーロピアンツアーの情報を日本語公式サイトでご堪能ください。