GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ブライソン・デシャンボー 5つの名言

欧州ツアー初出場の今大会で活躍を見せるブ 欧州ツアー初出場の今大会で活躍を見せるブライソン・デシャンボー(David Cannon/Getty Images)

全米アマチャンピオンのブライソン・デシャンボーが、初挑戦となる欧州ツアーの試合で、早くも存在感を発揮している。

「アブダビHSBCゴルフ選手権」への招待を受けた22歳のアメリカ人は、初日にいきなり「64」をマークして首位に立った。「64」はアマチュアが初日にマークしたスコアとしては、欧州ツアーのベストタイだ。

自然の成り行きで、彼はアブダビGCで大勢のメディアの注目を集めた。初めて多くの記者たちと接触したが、彼の独特なゲームへの臨み方、また独特のスイングとスタイルは、大々的に報じられた。

今週これまでに彼が残した中で、とくに印象に残った5つのコメントを紹介しよう。

「僕はある意味、ゴルフ科学者です。僕はそれぞれ、すべての視点からゴルフコースと自分のプレーを分析し、理解しようとしているんだ」(大会初日の木曜日に「64」を記録して)

「人類の傾向を考えると、人々は普通であることを好む。でも、アインシュタインやジョージ・ワシントンのような人物はそれに反して彼らの違いを貫いて、世界に新たな側面を見せたんだ」(ゲームに対する姿勢を問われて)

「2011年にこのスイングを試してみた。すると、210ヤード先のピンフラッグのすぐ横に糸を引くようなショットが飛んでいったから思ったんだ。『これはゴルフを変えられるぞ』って」(独特のスイング理論について)

「僕は研修生です。僕は自分を信じることを学んだ。それが鍵です」(今週のアブダビに臨む姿勢を問われて)

「僕は目標を決めたり、それに挑んだりしたことはない。僕はより旅人に近い。旅の途上に集中するのが好きなんだ」(将来の目標を問われて)

週末に向け、この22歳はアンディ・サリバンを1打差で追いかけている。彼は欧州ツアーでは2009年に「アイルランド・オープン」を制したシェーン・ローリー以来となるアマチュア優勝を飾ることができるだろうか?


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。