GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

D+D レアル チェコマスターズ
期間:08/27~08/30  場所: アルバトロスゴルフリゾート(チェコ)

プラハで主導権を握ったピータース

「D+Dレアル チェコマスターズ」は3日目を終え、トーマス・ピータースが誤球による2打のペナルティを被りながらも、1打差の首位で最終日を迎える展開となった。

オープニングホールでイーグルを奪い、続く2番でバーディを奪う華々しいスタートを切ってリーダーボードのトップに躍り出たベルギーの飛ばし屋は、8番から3連続バーディを奪い、さらにスコアを伸ばした。しかしながら、その勢いは11番ホールでの信じられない出来事により急激にしぼむこととなった。23歳のピータースはラフからの2打目を放った後、ほんの1ヤード先で自分のボールを発見したのである。

この取り違いによりダブルボギーを叩き、首位から陥落したピータースだったが、続く12番ではバーディを奪う巻き返しを見せ、14番と16番でもバーディを奪い、3日目を7アンダーの「65」と、みごとなスコアでラウンドして見せた。

通算17アンダーとしたピータースは、最初の12ホールで5つのバーディを奪いながらその後の6ホールを全てパーとしたスウェーデンのペレ・エドバーグに1打差をつけて首位に立った。

さらにドラマチックなエンディングを飾ったのはデンマークのトービヨン・オルセン。2打目でぎりぎりのところでウォーターハザードをクリアすると、20メートルのバーディパットを決めたのである。この長いパットを沈めたことにより、この日6つ目のバーディを奪ったオルセンは
「67」でラウンドし、首位から4打差の通算13アンダーで最終日を迎えることとなった。

さらに1打差の通算12アンダーには、それぞれ最終日を「68」と「71」でラウンドしたロバート・ディンウィディマシュー・フィッツパトリックのイングランド人コンビがつけている。

ピータースは当然のことながら2罰打を悔やんだものの、自身のパフォーマンスには満足している。

「11番は自分のミスだっただけに痛かったですね。あれがなければもう少しスコアは良かったわけですが、自分のプレーには本当に満足していますし、土曜の7アンダーは良いスコアですからね」とピータース。

「ショットもパットも良かったです。憤る理由はどこにもありません。ああしたことは常として起こるものですが、よりによって今日起こったのが残念でした」

「あそこからいくつかバーディを奪う良い盛り返しを見せることができましたが、あんな愚かな過ちは犯さないよう学ぶ必要はありますね」

「スペインでは特に(最終日の)出だし6ホールで我慢し切れなかったので、明日は忍耐強くプレーする必要があります」

「緊張感は常につきまとうものですが、こうした状況は既にスペインで経験済みですし、あとはできるだけ落ち着いて我慢強くプレーできれば、ということですね」

土曜のラウンドをノーミスで完遂したエドバーグは、フロントナインを「33」で回ると、後半に2つのバーディを奪ってさらにスコアを伸ばした。

スウェーデン出身のエドバーグは自身のプレーに満足げだ。「この前の2日間より大分良かった。ティショットがかなり良くなり、パー5のスコアが上がったね」。

「そこまでパットが決まったわけではないけれど、良いスコアだよ。トーマスと僕には最高の1日となったね。僕らはティショットの距離もアイアンショットの距離もほとんど同じだったので、僕にとって助けとなったし、彼にとっても良かったんじゃないかな」

「ここ数年はこの位置につけながらここまで居心地が良かったことはなかったんだ。かなりナーバスになっていたからね。自分が取り組んでいることや、挙げている成績について自信を深めることができたんだ」

「ここ何週間か上位に食い込んでいるので、より状況に対処できるようになってきた。この位置には興奮しているし、良い心持ちがするね」

6バーディ、1ボギーと5アンダーの「67」でラウンドしたオルセンは自身のプレー振りに胸を躍らせている。

「今日は最高の感触だったので、できる限り攻撃的にいったんだ。常にピンを狙いにいったね。それが奏功し、いくつか素晴らしいパットを決めることもできたんだ」

「今日はもっと自由にプレーできたね。練習レンジのウォームアップで良い感触を得たんだ。明日も同じような感触を得ることができれば、また攻撃的にいけるね」

3日目をエドバーグと並んで首位タイで迎えたフィッツパトリックは、この日を4バーディ、3ボギーでラウンドし、通算12アンダーでディンウィディと並ぶ4位で最終日を迎えることとなった。

3日目は早い時間帯でプレーしたミカエル・ルンドベリが、1イーグル、6バーディと、昨年の最終日にスコット・ジェイミソンが叩き出したコースレコードに並ぶ「64」で回り、4人がひしめく通算9アンダーの6位タイまで順位を上げた。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。