GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

メイド・イン・デンマーク
期間:08/20~08/23  場所: ヒンメルランドゴルフ&スパリゾート(デンマーク)

ホーシー、デンマークで主導権を握る

「メイド・イン・デンマーク」はデービッド・ホーシーが3打差の首位で週末のラウンドを迎える展開となった。ヨーロピアンツアー4勝目を狙うイングランドのホーシーはゲームプランを変えるつもりはないと息巻いている。

初日を8アンダーでラウンドした30歳のホーシーは1打差の首位で2日目を迎えるも、ジョン・パリーが2日目を「67」でラウンドし、通算9アンダーとしたため、一時的に2位に陥落した。

しかし、1番でバーディを奪ったホーシーはすぐさまリーダーボードの一番上に戻ると、その後は振り返ることなく、首位の座をキープしたまま2日目をラウンドした。

「とても良いプレーができているし、もう1打か2打良いスコアが出せていてもおかしくなかった」とホーシー。「良い感じで自分の戦略を貫けているし、自分自身に集中することができている」。

「楽しまないといけないね。週末へ向け大会をリードしているんだから下を向いてはいられないよ」。

「自分のゴルフには満足しているし、もうフラストレーションがなくなったのが良いことだね。ボールがカップに吸い込まれるのを見ると、元気づけられるよね」。

1番でバーディを奪ったホーシーは4番でもバーディを奪い、続く5番でスコアを1つ落とすも、6番ではイーグルを奪って通算11アンダーまでスコアを伸ばした。

9番と10番で連続ボギーを叩いたことにより、ホーシーは後続グループに吸収されるかに見えたが、11番、15番、そして17番でバーディを取り返し、大会記録となった初日の「63」に続き、この日を「67」でラウンドして大きなアドバンテージを築くことに成功した。

優勝した昨年の「M2Mロシアオープン」を含めヨーロピアンツアーでは3勝を挙げているホーシーだが、今季はわずか1回のトップ10入りに留まっており、大会前に取った短い休暇により、再びチャレンジする準備が整ったと感じていることを認めた。

「先週は良い休暇となったのだけど、ああいうのをシーズン中盤に取るのはいつだって良いものだね」とホーシー。「たまに少しばかり精魂を使い果たしたような状態になるけど、僕はそのことについて苛立っていたので、クラブを放ったらかしてゴルフから離れ、ゴルフのことを忘れて過ごしたのが良かったね。どうやらそれが奏功したようだ」。

パリーは一時通算11アンダーまでスコアを伸ばすも、終盤の7番と9番でボギーを叩いたことにより、15ホール目までに6つのバーディを奪ったラウンドの勢いを削いでしまった。

イングランド出身のパリーはベストの状態から遠ざかっており、ここ6大会中5大会で予選落ちを喫していただけに、36ホールを終えたところで優勝争いをしていることに喜びを見せた。

「良いプレーだったけれど、昨日より少し苦しんだね」とパリー。「最後のボギーは2メートルほどのパットを沈めてのものだったので、実際のところそこまで悪い心持ちはしなかったんだ」。

「僕にとって前半となったバックナインの方がショットは断然良かったね。それに狙ったパットはほぼ全部入っていた。フロントナインではそこまで上手くいかなかったけれど、週末へ向け良い位置にはつけているね」。

2日目のベストスコアタイとなるノーボギーの「65」でこの日をラウンドした豪州のリチャード・グリーンも同じく通算9アンダーにつけており、彼は3番、4番、6番、14番、15番、そして17番でバーディを奪っている。

「良い心持ちだ」とグリーン。「ここ3週間はプレーせず、フィアンセのキャディばかりしていたから、これはちょっとした驚きだね。先週は少しばかり練習をしたけれど、自分がここまで良いプレーをできていることにちょっと驚いているよ」。

「ショットもパットも良いから、喜んでこれを受け入れるよ。心の中が少しばかりさっぱりしたね」。

「この時期はメジャーやWGCに出場していないと、大会数は少なくなるから、忙しいシーズン終盤を前に良い具合に休暇が取れたね」。

昨年2位のブラッドリー・ドレッジは15番、2番、そして4番でバーディを奪うなど安定したラウンドで本日のスコアを「65」として通算8アンダーの4位タイにつけており、2日目を5バーディ、2ボギーでラウンドした豪州のテリー・ピルカダリスも通算8アンダーで週末を迎えることになった。

この日一番のストーリーは、上がり2ホールで3つスコアを落とすまでは「ライダーカップ」の欧州代表チームでキャプテンを務めるダレン・クラークが紡ぎ出すかに見えた。

「今日は自分のスイングに四苦八苦し、終盤にその問題に囚われてしまった」とクラーク。「ヘボなスイングをすることなく切り上げようと努めていたんだ」。

「全体的には良いプレーではなかったけれど、素晴らしい寄せワンが幾つかあったし、ナイスショットも幾つかあったから、そこまで悪かったわけではないね」。

「もちろん3アンダーより6アンダーで回れていた方が良かったわけだけれど、それがゴルフというもので、自分のスイングに苦しむこともあるんだよ」。

「今は良い部分も十分にある。悪い部分を少しばかり改善し、良い部分を維持することができれば、問題ないよ」。

クラークと同組のトーマス・ビヨーンは2日目を3バーディ、1ボギーでラウンドし、通算4アンダーとクラークの1打先を行っている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。