GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

穏やかなドーハの一日を堪能したグレース

ほぼ無風となったドーハの午後のコンディションを最大限に活かしたブランデン・グレースジョージ・クッツェーとベルント・ヴァイスベルガーと並び、首位タイで「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」の折り返しを迎えた。

今季は既に「アルフレッド・ダンヒル選手権」で勝利してヨーロピアンツアーで1勝を挙げているグレースは、2日目を5バーディ、1ボギーでラウンドし、通算9アンダーとした。

グレースはカタールの首都での著しく穏やかな一日を4アンダーの「68」でラウンドしたが、このコンディションの利を活かして二桁アンダーパーまでスコアを伸ばした選手は1人もいなかった。

ヨーロピアンツアー5勝のグレースは、「誰かが抜け出すと思っていたよ」と述べた。

「午前中にラウンドした連中は6アンダー、5アンダー、7アンダーという感じだったけれど、一日の終わりにかけてスコアを伸ばした選手はいなかったね」。

「グリーンは予想したよりも速くないね。とても良いコンディションではあるけれど。ただ全く速くはなっていないから、誰も抜け出さなかったのは驚きだね」。

午前中のラウンドを席巻したのはクッツェーとヴァイスベルガーの2人だった。

2014年の「ヨハネスブルグオープン」で唯一のヨーロピアンツアー制覇を遂げているクッツェーとヨーロピアンツアー2勝のヴァイスベルガーは、それぞれ2日目を5アンダーと6アンダーでラウンドした。

共に2日目は10番からのスタートとなり、ヴァイスベルガーは13番から4連続バーディを奪うなど、始めの7ホールで5つのバーディを奪った。

オーストリア出身のヴァイスベルガーは、彼にとって10番目のホールとなった1番をあと僅かでイーグルとするところだったが、グリーン際からのチップショットはすんでのところで外れ、このホールをバーディとした。

ヴァイスベルガーはパー4の7番でこの日唯一のボギーを叩くも、パー4の9番をバーディで締め括り、見事6アンダーの「66」で2日目をラウンドした。

前半で4つのバーディを奪うなど、クッツェーも同様にアウトでスコアを伸ばし、5番でこの日唯一の、そして大会では2つ目となるボギーを叩いてこの日のスコアを5アンダーとした。

2番と8番で長いバーディパットを決めるなど、ヴァイスベルガーと交互に首位に立った南アフリカ出身のクッツェーは、「良いプレーができている。なんとか自分のスイングができているし、パットはとても良い感じで打てているね。無理強いするのではなく、バーディを待つようにし、自分の知っている通りにこのコースをプレーしたんだ」。

先週の「アブダビHSBCゴルフ選手権」では6位タイに入ったヴァイスベルガーは、「しっくりきているね。この2週間でこんなプレーができるとは自分でも予想していなかったんだ。というのも昨年は散々だったからね」。

「これはすごく自信になるよ。このまま今の調子で行くことができれば、それはここ数週間、自分のやってきたことが正しかったということになるからね」。

首位の3人に肉薄しているのはルーキーのアン・ビョンホン、エミリアーノ・グリージョ、そしてマーク・ウォーレンの3人である。

特に、1つのイーグルと7つのバーディを含むウォーレンの7アンダーはこの日の白眉といえる。

7アンダーは2日目のベストスコアーであり、ウォーレンの他にはトミー・フリートウッドヨハン・カールソンが7アンダーで2日目をラウンドしている。

前回優勝のセルヒオ・ガルシアは「69」で2日目をラウンドし、混戦のリーダーボードのなか、大勢が犇めく通算6アンダーのグループにつけている。

予選通過ラインは通算1アンダーとなり、2日目を6オーバーでラウンドしたメジャー王者のチャール・シュワルツェルは姿を消すこととなった。先週優勝したゲーリー・スタルも予選落ちを喫した。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。