GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

アジアンツアーの最新ゴルフニュースをお届け

フィリピンオープン
期間:05/12~05/15  場所: Wack Wack GCC(フィリピン)

片岡、川根が暫定9位タイの好発進/アジアンツアー初日

5月12日(木)から15日(日)まで、フィリピンのワクワクゴルフ&カントリークラブで開催されている、アジアンツアー第5戦「ICTSI フィリピンオープン」の初日。日本から出場している片岡大育川根隆史が、2アンダーの暫定9位タイと好スタートを切っている。

この日、会場のあるマニラ市内は、雷が轟き途中約1時間半の中断で、全選手のホールアウトは日没により叶わなかった。そんな中、片岡は6バーディ、4ボギーと出入りの激しいプレーを強いられるも、2アンダーをキープしてフィニッシュした。

同じく暫定9位タイの川根隆史も、序盤からボギーとバーディを繰り返す一進一退の展開ながら、イーブンパーでハーフターンを迎える。後半に入り2番、3番で連続バーディ、さらに6番でスコアを伸ばすも、続く7番をボギーとし、5バーディ3ボギーの2アンダーでホールアウトした。

4アンダーで暫定首位タイに立つヒマット・ライ(インド)、タンヤーゴーン・クロンパー(タイ)とは2打差と僅差。日本勢が上位争いに早くも名乗りを挙げている。

そのほかの日本人選手は、内藤寛太郎が3ホール残して1アンダーの暫定15位タイ、清田太一郎は3オーバーの暫定86位タイ。塚田好宣、澤田健一は5オーバーの暫定115位タイ、宇佐美祐樹は6オーバーの暫定126位タイでホールアウトしている。

【日本人選手の暫定順位】
9位T -2 片岡大育川根隆史
15位T -1 内藤寛太郎
86位T +3 清田太一郎
115位T +5 塚田好宣、澤田健一
126位T +6 宇佐美祐樹


特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?