GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

その他の最新ゴルフニュースをお届け

大山、選手の声を代弁「今度は私たちが助けていければ」

2011/03/12 12:43

ミーティング委員長の大山志保が、報道陣に ミーティング委員長の大山志保が、報道陣に対し選手の総意を代弁

11日(金)に発生した大震災の影響を受け、「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」の中止が決定したのが同日午後10時30分。その後、日本女子プロゴルフ協会が、選手の宿泊するホテルに中止決定のファックスを送り通知。翌12日の午前8時に選手全員を集め、選手ミーティングが開かれた。

その場では、震災や被災者の方々に対し、協会として何ができるかの話し合いも行われた。ミーティング委員長である大山志保は、「これまで行ったチャリティ活動で集まったお金を寄付したい、という声も挙がっていた」と内容を説明。口座を開設して募金を集う案、任意で寄付を行う案など、活発な意見交換が為されたという。「これまで、自分たちがギャラリーの皆さんに応援していただいた。今度は私たちが助けていければと思います。みんな、そういう意思でした」と、選手たちの総意を代弁する。

ミーティング副委員長の馬場ゆかりも、「いろいろな意見があるので簡単には決められないが、毎週行っているチャリティ販売の工夫など、これからも話し合って最善策を見つけていきたい」と考えを巡らせていた。