GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

その他の最新ゴルフニュースをお届け

さくらが、姉の瑠依をおさえて初優勝!/アジアン女子ツアー最終日

姉妹での1・2フィニッシュを果たした横峯 姉妹での1・2フィニッシュを果たした横峯さくらと姉の瑠依

愛知県の平尾カントリークラブで行われている、アジアン女子ツアー第5戦「夢屋ドリームカップ」の最終日。昨日から一転、気温の低い寒い1日となったが、朝から昨日を上回るギャラリーが会場に足を運び、14時の時点で3,000人を超える盛況さを見せた。そんな中、初日から首位を守った横峯さくらが、通算8アンダーでアジアン女子ツアー初優勝を飾っている。

この日、最終組でスタートした横峯は、昨日まで好調だったショットが今ひとつカップに寄らず、1番から5番をパーとするスロースタート。続く6番パー3を、3パットでボギーとすると、9番で再びボギーを叩きスコアを落としてしまう。折り返した直後の10番で、この日1つ目のバーディを奪うが、11、13番でボギーを叩き苦しい展開となる。しかし14番でバーディを奪って気持ちを立て直し、最終日を2オーバーとしながらも姉の横峯瑠依を振り切っての優勝となった。

さくらと瑠依の姉妹での優勝争いは、この最終日に実現した。瑠依は前半3つスコアを伸ばす猛チャージを見せ、一時は妹のさくらと首位タイに並ぶ。後半に入り、12番で再び瑠依がバーディを奪えば、さくらが3パットと、首位争いは姉妹での攻防戦へ。しかし、「それまでは良いゴルフだっただけに、16番のボギーが悔やまれる」と、3打目のバンカーショットはピンまで3mを残し2パットのボギーとして、通算7アンダー、単独2位で優勝を逃すこととなってしまった。

首位と3打差、通算5アンダーの単独3位には、地元の声援を受け、2日目にホールインワンを出すなどの健闘を見せた米山みどり。通算4アンダー、4位タイには若林舞衣子ら3名が並んだ。

【主な順位】
1位 -8 横峯さくら
2位 -7 横峯瑠依
3位 -5 米山みどり
4位T -4 P.チュティチャイ、片愛梨、若林舞衣子
7位T -3 塩崎亜美 他
10位T -2 豊永志帆