GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

平塚哲二が「全英オープン」出場権を獲得!/アジア地区最終予選

2日目、8アンダーの大爆発で04年に続く2度目の全英オープン出場権を獲得した平塚哲二(提供:アジアンツアー)

タイのアマタスプリングCCで25日(金)、2011年「全英オープン」出場権をかけたアジア地区最終予選の2日目が行われ、通算10アンダーで2位に食い込んだ平塚哲二が出場権を獲得した。

24位タイからスタートした平塚は、2ストローク伸ばして迎えたバックナインで猛チャージ。14番からの4連続を含む6バーディを奪い、この日「64」マーク。リーダーズボードを一気に駆け上がり、上位4人に与えられる「全英オープン」への切符を手にした。平塚は04年に続く2度目の出場となる。

首位からスタートした市原弘大は2バーディ、2ボギーと伸び悩み、通算7アンダーの5位に後退。惜しくも出場権を逃す結果となった。アマチュアの松山英樹は通算3アンダーの24位タイ。トップ通過はタイのプロム・ミーサワット、3位はC.B.ラム(シンガポール)、4位はジェイソン・ノットソンが入り、出場権を獲得している。

<主な成績>
順位/スコア/選手名
1/-12/P.ミーサワット
2/-10/平塚哲二
3/-9/C.B.ラム
4/-8/J.ノットソン
------以上4名が出場権を獲得------
5/-7/市原弘大
10T/-5/岩田寛
24T/-3/松山英樹(アマ)、すし石垣
27T/-2/塚田好宣
33T/-1/内藤寛太郎
44T/+1/竹本直哉
61T/+6/野上貴夫
棄権/丸山大輔