GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

HSBC女子チャンピオンズ
期間:03/05~03/08  場所: セントーサGC(シンガポール)

朴仁妃が単独首位!コー、ルイスが2打差で追う

2015/03/07 16:48

順位 選手名 通算 合計
1 朴仁妃 -13 203
2 L.コー -11 205
2 S.ルイス -11 205
4 A.ムニョス -9 207
4 A.ノルドクビスト -9 207
4 S.ペターセン -9 207
7 柳簫然 -8 208
8 C.シガンダ -7 209
8 J.コルダ -7 209
8 フォン・シャンシャン -7 209

スコア詳細を見る

2015年 HSBC女子チャンピオンズ 3日目 朴仁妃
元世界ランク1位の意地、朴仁妃が今季初優勝に王手【拡大写真】

◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 3日目◇セントーサGC(シンガポール)◇6600yd(パー72)

「私の世界1位をリディアに渡してしまったから、いつか取り戻せたら嬉しい」。開幕前にそう意気込んでいだ朴仁妃(韓国)が、通算13アンダーとして単独首位に立った。3日間54ホールを終え、奪ったバーディは13個で、ボギーはゼロ。ただ1人、無傷のゴルフを続けている。

最終18番ではラフからのアプローチを1mに寄せてバーディフィニッシュ。貯金を2打に広げて今季初勝利に王手を掛けた。

通算11アンダー、2打差2位で追いかけるのは、そのリディア・コー(ニュージーランド)ともう1人の元世界一、ステーシー・ルイス。通算9アンダーの4位にアサハラ・ムニョス(スペイン)、アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)、スーザン・ペターソン(ノルウェー)の3選手が続いている。

前日、首位タイにつけていたカルロタ・シガンダ(スペイン)は「74」とスコアを落として8位へ後退。また、この日1バーディ2ボギー1ダブルボギーの「75」で回った野村敏京は、前日の14位から23位へ、こちらも順位を落としている。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?