GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子マニュライフLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

マニュライフLPGAクラシック
期間:06/04~06/07  場所: ホイッスルベアーGC(カナダ)

ペターセンら首位 野村敏京が13位、宮里藍は今季初の予選落ち

順位 選手名 通算 合計
1 S.ペターセン -13 131
1 M.ウリベ -13 131
3 Cr.カー -12 132
4 曽ヤニ -11 133
4 P.リンドベリ -11 133
4 K.カウフマン -11 133
4 V.エリザベス -11 133
4 L.ベック -11 133
4 キム・ヒョージュ -11 133
4 B.ラング -11 133

スコア詳細を見る

2015年 マニュライフLPGAクラシック 2日目 宮里藍
予選2日間を107位で終え、今季米ツアーで初の予選落ちを喫した宮里藍(Vaughn Ridley/Getty Images)【拡大写真】

◇米国女子◇マニュライフLPGAクラシック 2日目◇ホイッスルベアーGC(カナダ)◇6613yd(パー72)

連日バーディ合戦が演じられた予選ラウンドを終えて、通算13アンダーのスーザン・ペターセン(ノルウェー)とマリアホ・ウリベ(コロンビア)が首位を並走。この日ペターセンは「65」、ウリベも「66」とスコアを大きく伸ばし、混戦のリーダーボードトップに浮上してきた。

通算12アンダーの3位に、首位スタートから一歩後退したクリスティ・カー。通算11アンダーの4位に、ツェン・ヤニ(台湾)、キム・ヒョージュ(韓国)、初代優勝者(2012年)のブリタニー・ラングら7人がグループを形成している。

5人がエントリーした日本勢では、43位から出た野村敏京が8バーディ、2ボギー「66」を記録し、最上位となる通算9アンダー13位に浮上。宮里美香は通算6アンダーの35位、上原彩子は通算4アンダーの58位で決勝ラウンドに進んだ。

初日106位と出遅れた横峯さくらは「69」と3つ伸ばすも、通算3アンダーの71位でカットラインに1打届かず。86位から出た宮里藍も、下位から抜け出せないまま通算1アンダーの107位でホールアウト。今季米ツアーでは、出場12試合目で初の予選落ちを喫した。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?