GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子マイヤーLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

マイヤーLPGAクラシック
期間:07/23~07/26  場所: ブライズフィールドCC(ミシガン州)

リゼット・サラスが抜け出し4打差リード 横峯さくらは35位で最終日へ

リゼット・サラス
リゼット・サラスが後続に4打差をつけ抜け出した※撮影は2014年キングスミル選手権(Hunter Martin/Getty Images)【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 L.サラス -16 197
2 K.タムリス -12 201
2 L.トンプソン -12 201
4 C.マソン -10 203
4 B.リンシコム -10 203
4 柳簫然 -10 203
4 K.バーネット -10 203
4 G.ピラー -10 203
4 A.リー -10 203
10 パク・ヒヨン -9 204

スコア詳細を見る

◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック 3日目◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6414yd(パー71)

初日から首位タイに立っていたリゼット・サラスが7バーディ、ノーボギーの「64」をマークし、通算16アンダーとして単独首位に抜け出した。通算12アンダーとした2位のレクシー・トンプソンとクリス・タムリスに4打差をつけ、ツアー2勝目へ王手を掛けた。

10アンダーの4位にブリタニー・リンシコムアリソン・リー、リュー・ソヨン(韓国)ら6人が並んでいる。

日本勢は、横峯さくらが「68」でプレーし、通算4アンダーの35位。野村敏京が通算2アンダーの54位となっている。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?