GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子ブルーベイLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

ブルーベイLPGA
期間:10/29~11/01  場所: ジャンレイクブルーベイGC(中国)

キム・セヨンが首位浮上 野村敏京13位、横峯さくら16位

キム・セヨン
今季3勝目を狙うキム・セヨンが後続に1打差の単独首位に浮上した(※写真はKPMG女子PGA選手権 3日目)【拡大写真】

◇米国女子◇ブルーベイLPGA 2日目◇ジャンレイクブルーベイGC(中国)◇6778yd(パー72)

アンダーパーをマークした選手が78人中5人と全体的にスコアが伸び悩んだ2日目。首位と3打差の3位から出たキム・セヨン(韓国)が2バーディ、2ボギーの「72」でプレーし、通算2アンダーで首位に立った。

通算1アンダーの2位には、この日のベストスコア「69」で回ったスーザン・ペターセン(ノルウェー)、オースティン・アーンストら4選手。首位から出たリン・シユ(中国)は2バーディ、7ボギーの「77」と崩れ、イーブンパーの6位に後退してステーシー・ルイスら5選手と並んだ。

日本勢最上位は、通算2オーバーで13位の野村敏京横峯さくらが通算3オーバーで16位、上原彩子は通算6オーバーの38位。

森田遥は通算10オーバーの58位となっている。

世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)通算8オーバーの47位。ランク2位の朴仁妃(韓国)は2日目のラウンド前に棄権した。


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?