GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内シニア 富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

73歳の青木功 エージシュートで旭日小綬章に花を添えるか

2015年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ 事前 室田淳
大会連覇を果たせば、逆転の賞金王への足がかりとなる室田淳(日本プロゴルフ協会提供)【拡大写真】

国内シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」が5日(木)からの3日間、千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンで開催される。昨シーズンの11試合から2試合増え、全13試合の日程で行われている今季のシニアツアーも、残すところあと3試合と佳境を迎える。

注目は、平成27年「秋の叙勲」でゴルフ界3人目となる旭日小綬章を受章することが発表された青木功。大会を主催する富士フイルム契約プロでもあり、71歳だった2013年大会では初日と最終日に「71」をマークし、2度のエージシュートを達成している。今年8月31日に73歳となった青木は再びエージシュートを達成し、花を添えられるか。

室田淳は、前週まで2大会連続して行われたシニアメジャー2戦で優勝→4位と好成績を残し、獲得賞金を約4645万円として現在賞金ランク2位につけている。今大会は前年最終日に「65」をマークして、2位に3打差をつける逆転劇で勝利したディフェンディング大会。2シーズンぶりとなる賞金王奪還に向けて大会連覇を狙う。

その室田に約478万円差で賞金トップに立つ崎山武志、2013年大会で悲願のシニアツアー初優勝を飾った奥田靖己のほか、中嶋常幸倉本昌弘井戸木鴻樹らが出場を予定している。

【主な出場予定選手】
青木功中嶋常幸倉本昌弘室田淳井戸木鴻樹羽川豊崎山武志田村尚之渡辺司奥田靖己平石武則米山剛尾崎健夫飯合肇グレゴリー・マイヤーポール・ウェセリン


特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?