GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子Tポイントレディス ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

菊地絵理香が首位を堅守 地元の香妻が5打差6位

2017年 Tポイントレディス ゴルフトーナメント 2日目 菊地絵理香
菊地絵理香が2打差で首位をキープした【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 菊地絵理香 -10 134
2 ペ・ヒギョン -8 136
3 渡邉彩香 -7 137
3 服部真夕 -7 137
5 鈴木愛 -6 138
6 新海美優 -5 139
6 香妻琴乃 -5 139
6 福田真未 -5 139
6 吉田弓美子 -5 139
10 三ヶ島かな -4 140

スコア詳細を見る

◇国内女子◇Tポイントレディス 2日目(18日)◇鹿児島高牧CC(鹿児島)◇6397yd(パー72)

トップでスタートした菊地絵理香が「69」でプレーして、通算10アンダーの単独トップで2日目を終えた。菊地が最終日を首位で迎えるのは、ツアー2勝目を挙げた昨年の「スタジオアリス女子オープン」以来となる。

出だしの1番(パー5)で3打目を1mにからめてバーディを先行。8バーディを量産した初日と比べて「チャンスは少なかった」と振り返ったが、3バーディ、ノーボギーにまとめる危なげないプレーで、2打差のアドバンテージをキープした。

長いバーディパットを残す場面も多かったが、「今年はロングパットの練習ばかりやっているので、7、8m(のパット)が多くてもストレスなくやれている」。「ラインが読めるようになり、ショートパットも良い方向に向いている」と、この日は31パットを費やしながらもグリーン上の感触は上々のようだ。

2打差の2位に5バーディ、1ボギーの「68」でプレーした通算8アンダーのペ・ヒギョン(韓国)。3打差3位に渡邉彩香服部真夕が並んだ。4打差5位に鈴木愛が続く。

15位からスタートした地元、鹿児島県出身の香妻琴乃は4バーディ、1ボギーの「69」でプレーして、通算5アンダーの6位。同じく地元のアマチュア勝みなみ(鹿児島高3年)は5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」でプレーし、通算1オーバー39位で予選を通過した。

地元の神村学園高1年で7位からスタートした皆吉愛寿香は「77」でプレーして通算2オーバー47位に順位を落としたが、ギリギリで予選通過した。

10番から48位でスタートしたイ・ボミは3バーディ、ノーボギーの「69」でプレーし、通算2アンダー18位に順位を上げた。

【主な選手の成績】
順位/スコア/選手名
1/-10/菊地絵理香
2/-8/ペ・ヒギョン
3T/-7/渡邉彩香服部真夕
5/-6/鈴木愛
6T/-5/新海美優香妻琴乃福田真未吉田弓美子
10T/-4/三ヶ島かなイ・ミニョン下川めぐみ
13T/-3/成田美寿々森田遥アン・ソンジュ大江香織全美貞

18T/-2/イ・ボミほか
39T/+1/勝みなみ(アマ)ほか


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。