GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

藤本が踏ん張って首位キープ 4打差で最終日へ

順位 選手名 通算 合計
1 藤本麻子 -7 209
2 イ・ボミ -3 213
2 三塚優子 -3 213
4 前田陽子 -2 214
4 渡邉彩香 -2 214
6 笠りつ子 -1 215
7 勝みなみ* 0 216
7 全美貞 0 216
7 豊永志帆 0 216
10 ナ・ダエ +1 217

スコア詳細を見る

2015年 ヤマハレディースオープン葛城 3日目 藤本麻子
4年ぶりのツアー2勝目へ!藤本麻子が4打差で最終日へ【拡大写真】

◇国内女子◇ヤマハレディースオープン葛城 3日目◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県)◇6568yd(パー72)

後続に7打差をつけて単独首位からスタートした藤本麻子が、この日「74」とスコアを落とすも、通算7アンダーで首位を守った。スタートから13ホールで3ボギー、1ダブルボギーと5つスコアを落としたが、14番でこの日初バーディを奪うと、16番、18番でもバーディ奪取。立て直しに成功し、4打の貯金とともに4年ぶりのツアー2勝目に突き進む。

「今日からが勝負」という意識に風の影響も加わり、「スイングのリズムが早かった」と前半からショットを乱した。2番ではティショットを左のラフに入れ、2打目をフェアウェイ方向に突き出た枝に当てるなどボギーが先行。5番(パー5)では、残り80ydの3打目を左に引っかけ、池に落としてダブルボギー。一時は1打差に詰め寄られ、自ら混戦を招いたものの、「リズムだけを考えようと切り替えられた」という終盤は安定を取り戻し、修正能力の高さも示すラウンドとなった。

「気合いが入ったときにリズムが早くなるんだなあ、と勉強になったし、決して意味のないボギーではなかったと思う。明日に活かせるようにしたい」

通算3アンダー、4打差の2位にイ・ボミ(韓国)と三塚優子の2人が続いた。通算2アンダーの4位には、昨年の「伊藤園レディス」で29歳にしてツアー初優勝を飾った前田陽子渡邉彩香がつけている。

通算イーブンパーの7位にはアマチュアの勝みなみ。ディフェンディングチャンピオンのアン・ソンジュは通算1オーバーの10位タイ。この日、2位から出た藤田光里は、「83」の大乱調で49位へと後退した。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。