GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子センチュリー21レディスの最新ゴルフニュースをお届け

アン・ソンジュが首位を快走 プロ3年目の東浩子が3打差を追う

順位 選手名 通算 合計
1 アン・ソンジュ -13 131
2 東浩子 -10 134
3 ペ・ヒギョン -9 135
4 飯島茜 -7 137
4 イ・ボミ -7 137
4 若林舞衣子 -7 137
4 菊地絵理香 -7 137
8 福田真未 -6 138
8 鈴木愛 -6 138
8 金田久美子 -6 138

スコア詳細を見る

2015年 センチュリー21レディス 2日目 東浩子
首位のアンソンジュを追い、プロ3年目の東浩子がなんとか3打差で食い下がった【拡大写真】

◇国内女子◇センチュリー21レディス 2日目◇伊豆大仁カントリークラブ(静岡県)◇6531yd(パー72)

久しぶりにリーダーボード最上位でスタートしたアン・ソンジュ(韓国)が、7バーディ2ボギーの「67」でプレーして単独首位をキープ。スコアを通算13アンダーまで伸ばし、後続との差を3打に開いて完全優勝での今季初勝利へ前進した。

2位につけるのは、この日「68」で通算10アンダーに食い下がったプロ3年目の東浩子。さらに1打差の3位に今季から日本参戦のペ・ヒキョン(韓国)。通算7アンダーの4位には、菊地絵理香飯島茜若林舞衣子、そして賞金女王トップを独走するイ・ボミの4人が並んだ。イーブンパーの53位から出た飯島は、10番スタートからこの日ベストスコアの「65」をマークし、急追してきた。

初日から上位戦線をにぎわす注目のアマチュア勢では、新垣比菜が通算6アンダーに伸ばし、原江里菜鈴木愛らと並ぶ8位につけて一歩リード。今年の「日本女子アマ」を制した勝みなみが1打差で追い、ベストアマ争いも白熱してきた。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。