GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 センチュリー21レディスの最新ゴルフニュースをお届け

今季未勝利のアン・ソンジュが単独首位発進 1打差で菊地絵理香が追走

2015年 センチュリー21レディス 初日 アン・ソンジュ
ノーボギーの「64」をマークしたアン・ソンジュが久々の首位に立った【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 アン・ソンジュ -8 64
2 菊地絵理香 -7 65
3 東浩子 -6 66
4 申ジエ -5 67
4 若林舞衣子 -5 67
4 藤田光里 -5 67
4 蛭田みな美* -5 67
8 O.サタヤ -4 68
8 勝みなみ* -4 68
8 新垣比菜* -4 68

スコア詳細を見る

◇国内女子◇センチュリー21レディス 初日◇伊豆大仁カントリークラブ(静岡県)◇6531yd(パー72)

8バーディ、ノーボギーで回った昨季の賞金女王アン・ソンジュ(韓国)が、8アンダーで単独首位発進を決めた。シーズン前に結婚したアンは今季、全37試合あるツアーのちょうど中間点となる今大会まで未勝利。首を痛めた影響で出場数が10試合にとどまっており、首位に立つのも開幕戦の初日以来のことだ。

7アンダーの2位に、やはりノーボギーで18ホールをプレーした菊地絵理香。さらに1打差の3位で東浩子が続き、5アンダーの4位には藤田光里申ジエ(韓国)、若林舞衣子、18歳アマチュアの蛭田みな美が並んだ。昨年の覇者イ・ボミ(韓国)は3アンダーの11位につけた。

学校が夏休み入りしたこともあって高校生のトップアマがそろった大会。4アンダーの8位には新垣比菜と今年の日本女子アマを制した勝みなみ、3アンダーの11位に幡野夏生、2アンダーの24位に永井花奈…と上位を伺う位置で有力アマが初日を終えた。なお、大会の観戦は21歳以下が入場無料になっている。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。