GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子meijiカップの最新ゴルフニュースをお届け

フォンと西山が首位に浮上 琴音は失速

順位 選手名 通算 合計
1 フォン・シャンシャン -5 139
1 西山ゆかり -5 139
3 三塚優子 -4 140
3 服部真夕 -4 140
3 申ジエ -4 140
3 イ・ボミ -4 140
7 福田裕子 -3 141
7 アン・ソンジュ -3 141
7 鈴木愛 -3 141
7 イ・ジミン -3 141

スコア詳細を見る

2015年 meijiカップ 2日目 西山ゆかり
師匠・芹澤信雄とのペアで、ツアー初優勝へ向けて前進を続ける西山ゆかり【拡大写真】

◇国内女子◇meijiカップ 2日目◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6500yd(パー72)

初日、自身初の首位に立った19歳の堀琴音が2日目は「79」の大ブレーキ。代わって通算5アンダーの首位に浮上したのは、今大会過去2勝を誇るフォン・シャンシャン(中国)と、ツアー初優勝を目指す西山ゆかりの2人だ。

イーブンパーから出たフォンは、6番からの5連続を含む7バーディ(2ボギー)を奪って「67」。一方の西山は、13番、14番と2連続ボギーを叩きながらも、それまでの4バーディが生きて「70」でのラウンドだった。

通算4アンダーの3位には、初日「74」、2日目「66」という同スコアで回った三塚優子服部真夕のほか、ディフェンディングチャンピオンの申ジエ(韓国)に、賞金レーストップを行くイボミ(韓国)の計4人が並ぶ。通算3アンダーの7位に福田裕子アン・ソンジュ(韓国)、鈴木愛イ・ジミン(韓国)の4人が続いた。

初日に「74」と出遅れた地元・北海道出身の菊地絵理香藤田光里は対照的な2日目となった。「70」と巻き返して通算イーブンパーの22位に浮上した菊地に対し、藤田は「79」と崩れて通算9オーバーであえなく予選落ち。また、今年のプロテストをトップ合格した山口春歌は通算10オーバーとして、プロ初戦は予選で姿を消すこととなった。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。