GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子樋口久子・紀文クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

不動裕理、抜け出して -5トップ

順位 選手名 通算 合計
1 不動裕理 -5 139
2 イ・ヨン・ミ -4 140
2 城戸富貴 -4 140
2 ク・オッキ -4 140
2 野呂奈津子 -4 140
2 前田真希 -4 140
7 久保樹乃 -3 141
7 塩谷育代 -3 141
7 福嶋晃子 -3 141
7 安井純子 -3 141

スコア詳細を見る

団子レースから頭ひとつ抜け出したのは不動裕理。グリーンを外したのは3ホールだけというステディなプレーでアウトはパープレー、インの最終17番18番を連続バーディとした。 「いつものようにパープレーを心がけました。今日はサンドラ・ヘイニーさんのプレーを見ていたんですけど、やっぱり上手ですね。私のパターの転がりとぜんぜん違います。私のはヨレヨレ行くんですけど、ヘイニーさんのは真っ直ぐ行きます」と不動。
最終組は新キャタピラー三菱以来2回目。「あのときは板東(貴代)さんなんかと一緒で、あまり緊張しませんでしたけど・・。優勝なんて、まだ先の話です」とは言うものの「来週は休みなんです。その分、欲張りたい」

塩谷育代は5バーディ、1ボギー。「タカラからショットの調子が良くなくて、ずっと試行錯誤。それで自分のスウィングを崩してしまったみたいです。まだ完全にはできないんですが、だんだん前のいい感じに戻ってきた気がします」と塩谷。

福嶋晃子も少し上がってきた。4バーディ、1ボキー。「明日から寒くなるというから、もう少し伸ばしておきたかったんですが」と言う。寒さ対策も万全で、「この季節はわからないから荷物も1ケース増やしたし、セーターも10枚くらいはあるし」

世界のトップスター、アニカ・ソレンスタムと回った。「あまり良くないんじゃないですか」と冷静に見ている。「今はもう勉強とかなんとかいう時期じゃないと思います。勝つか負けるかです。勉強ばかりじゃ、いつになっても抜けません」  スタープロを見る見方も選手によっていろいろ。アッコもたくましくなった。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。