GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

高須愛子、逆転で今季2勝目

1997/10/19 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 高須愛子 -6 210
2 小林浩美 -4 212
3 ク・オッキ -3 213
3 山田かよ -3 213
5 寺沢範美 -2 214
6 新井敬子 0 216
6 大城あかね 0 216
6 城戸富貴 0 216
6 野呂奈津子 0 216
6 本山裕子 0 216

スコア詳細を見る

前日まで首位を守り通していた池渕富子がまさかの大崩れ。なんと40-41の81。「緊張していたわけではないんですが、リズムが悪かった。風が強くてクラブ選択などいろいろ考えて、ひとりバタバタしてしまった」 ちょっと言い訳になるが「同伴の誰かがいいスコアでラウンドしていれば、なんとかなったと思うけど・・」
確かに同伴の選手はみなさん不調。切り換えるキッカケがつかめなかった。不運といえば不運。

最終組とは関係のないところで優勝争いが展開された。高須愛子は出だしをバーディ。2番こそボギーとしたが、結局5バーディ、1ボギーの68でホールアウト。後続の組を待つ形となった。
「スタート前には混戦になると思っていたが、自分が優勝するとは思っていませんでした。ラッキーでした」と高須。 「前半スコアを伸ばしたけど、8番のスコアボードを見て自分が首位にいるのがわかった。1ストローク差に浩美(小林)ちゃんがいたから、あと2ストローク差にすれば優勝の可能性もあるなと・・」

その浩美ちゃんも前半でスコアを伸ばして優勝戦線に加わった。「出だしボギーだったけど3番7番8番とバーディで、伸ばせるかなーッと思っていたら9番で入れてはいけないバンカーに入れてしまって、これが痛かったです」と小林。
プレーオフにこそ持ち込めなかったが、この小林の追い上げで試合は面白くなった。「久しぶりに日本に帰ってきて、応援してくれたギャラリーに応えられなくて、ザンネン」というコメントでした。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。