GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

池渕富子は首位キープ。久保らが1打差2位

1997/10/18 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 池渕富子 -5 139
2 Ann.ウィルソン -4 140
2 久保樹乃 -4 140
4 新井敬子 -3 141
4 小林浩美 -3 141
4 寺沢範美 -3 141
4 野呂奈津子 -3 141
4 山田かよ -3 141
9 ク・オッキ -2 142
9 高須愛子 -2 142

スコア詳細を見る

首位を守り通した池渕富子は「疲れた」と一言。「天気も良かったからみんなスコアを伸ばすだろうなと思って、気合が入りすぎました。ショットも急ぎ気味だし、手打ちになってしまって、ショットがパラパラ」
それでも悪いなりにガマンし続けてプレーし、首位を保った。このへんの感覚はやはりベテランの味。「8番くらいから、だんだんショットも良くなってきました」

アン・ウィルソンがスコアを伸ばしている。午前中は2バーディ、1ボキー。午後はボギーなしの2バーディ。「このコースは好き。今週はいい感じでショットが噛み合っている。自分のプレーに集中して優勝を狙いたいです」
日本でも海外でも、これまで大きな大会での優勝経験はない。オーストラリア生まれだが高校は米国のマイアミ。8年前に日本のプロ資格を得ている。

久保樹乃も2バーディ、1ボキーとなんとかスコアを伸ばした。 「最後のバーディがとれてホッとしました。グリーンに乗っても長いパターばっかりで、チャンスらしいチャンスもなかったから」 悪いところは分かっているんだという。分かってはいるが、頭にイヤなイメージが出て、それがミスにつながる。明日は「1打1打大切に、自滅しないように頑張ります」
そうそう、小野香子が17番202ヤードでホールインワン。4番ウッドのショットだったが、これで賞金100万円。順位も11位に上がったし。やったね。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。