GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子TaKaRa WORLD INVITATIONALの最新ゴルフニュースをお届け

本山残念。ノイマン、接戦の末の勝利!

順位 選手名 通算 合計
1 L.ノイマン -6 282
2 本山裕子 -4 284
3 E.クライン +4 292
3 文平京恵 +4 292
3 山岡明美 +4 292
6 金愛淑 +5 293
6 武田久子 +5 293
6 肥後かおり +5 293
9 新井敬子 +6 294
9 高村亜紀 +6 294

スコア詳細を見る

正直いって、リサロッテ・ノイマンの独走パターンかと思っていた。しかし本山裕子は大健闘。2番6番8番とバーディ。一方のノイマンは4番9番をボキー。一時は本山とノイマンが並走、好勝負となった。

「ハーフターンで並ばれたので、これから新しいスタートだ!と気持ちを入れ替えてプレーした」というノイマン。12番で本山が3パット。14番でも短いパットを外したのを見て、ようやく楽になった。 「キャディに、あんまり考えすぎず、大きなプレーでいこうよ」と言われて、それから少しずつ固さがとれた気がします」と言う。

そのノイマンに「彼女はとてもいい選手。堅実なプレーをしていました」と言われた本山裕子。「ノイマンさんも、けっこうプレッシャーがかかっていたみたいで、すごく自信になりました。私も彼女みたいな選手にプレッシャーがかけられるんだ、と。パット、上手ねとも言われたし」

「ゴルフはこういうふうにするんだよ、と教えられた気がします」と一応は優等生のコメントの本山。しかし本音はもちろん「精一杯やりました。でも、残念です」
自滅ではなく、世界のリサロッテ・ノイマンとスコアを伸ばしながら争って破れた最終日、本山にとっては素晴らしい財産が残った。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。