GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子TaKaRa WORLD INVITATIONALの最新ゴルフニュースをお届け

ノイマン、一気に7アンダートップへ!

順位 選手名 通算 合計
1 L.ノイマン -7 137
2 本山裕子 -4 140
3 大城あかね -1 143
4 新井敬子 +1 145
4 金愛淑 +1 145
4 曽秀鳳 +1 145
4 高村亜紀 +1 145
4 デビー小山 +1 145
4 原田香里 +1 145
4 不動裕理 +1 145

スコア詳細を見る

底力というのか、さすが。リサロッテ・ノイマンはアウト1番から3連続バーディ。6番ロングホールでもバーディとして32。「練習場からいい感じでラウンドに入れた。だからスタートからいいショット、いいパットでプレーできた」という。
しかしインに入ると疲れが出てきた。時差ボケ。「13番はあと数センチで池。ボギーになったけど、ほんとうにラッキーでした」  なんでも前の夜、松竹梅を少し飲ませてもらったのだとか。「だからラッキーを呼んだんじゃないかしら」というのがノイマン説。めでたい名前なんだよと説明してもらったらしい。

今週はいわゆる定番の強豪連中がのきなみスコアを崩している。予選落ちもゴロゴロ。福嶋晃子も例にもれず、なんと83の信じられないような大叩き。ボギーが7つ、ダボが3つ。大盤振る舞いだ。どうしたんだろうと心配になるが、体の故障というわけではないらしい。
「手首を傷めたわけじゃありません。ぜんぜん平気。でも今日は楽しかった」という福嶋。2番でOBを打ってしまい、欲求不満が一気に吹き出した。「いつも刻み刻みでやってても、いいことないやと思って、えーい、今日はやっちゃえ!と」ドライバーを気分良く使った。
「どっちに転ぶかな」と思っていたら、案の定、悪いほうに転んだ。その結果が83。だから気分は悪くない。「私も人の子です。予選落ちもします。悪いものがぜんぶ出てしまいました」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。