GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

服部道子、一人アンダーで今季2勝目

1997/09/28 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 服部道子 -2 142
2 小久保由美 0 144
2 高村亜紀 0 144
2 西田智慧子 0 144
5 新井敬子 +2 146
5 大場美智恵 +2 146
5 曽秀鳳 +2 146
5 原田香里 +2 146
9 城戸富貴 +3 147
9 ク・オッキ +3 147

スコア詳細を見る

晴れた日曜日。しかし風が強かった。好スコアはほとんど出ず、選手たちはのきなみ苦労しながらのラウンドとなった。服部道子も出だしこそバーディとしたものの3番でシャンク絡みのダボ。続く4番でもボギー。10番13番でもボギー。

「おかしいなと思いながら14番まできてしまいました。でも15番でテークバックをゆっくりと心がけたらまたショットが良くなり、リズムも出てきました」と服部。リズムを取り戻してからは2バーディ、1ボキー。けっして調子が万全というわけではなかったが、ここに付け入ってくる選手がいなかった。

「デビュー戦での優勝は、ほんとうに嬉しいです。欲張りだから、優勝するともう一つ、という気になります。そういう気持ちになれたことが嬉しいですね」
これで今季2勝。通算すると7勝目。こうなれば早めに3勝目をあげたいと言う。ちなみに優勝賞金は短縮のあおりで675万円と減額。

西田智恵子は今季3回目の2位。「くやしいです。また頑張ります」 26歳の小久保由美にとって2位は自己最高順位。「18番のボードを見て、初めて優勝争いをしていることに気がつきました。惜しかったです」 なにしろ73でホールアウトだから、そんなに浮上しているとは知らなかった。こういのって、なんだかキツネにつままれているような感じなんでしょうね。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。