GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子雪印レディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

出た出た、福嶋晃子が首位タイ。一騎討ち

1997/09/20 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 塩谷育代 -3 141
1 福嶋晃子 -3 141
3 原田香里 -1 143
4 井上葉香 0 144
5 西田智慧子 +1 145
5 野呂奈津子 +1 145
7 金愛淑 +2 146
7 曽秀鳳 +2 146
7 松澤知加子 +2 146
10 肥後かおり +3 147

スコア詳細を見る

強い選手がいると試合が面白くなる。初日は75と出遅れ、今週はお休みかと思っていた福嶋晃子が3番でボギーとしたものの6番7番と連続バーディ。9番489ヤードでは2番アイアンで30センチにつけての文句無しイーグル。インでも3バーディとして塩谷育代に追いついた。

「9番ホールはすごくいいショットでした。エッジまで190ヤードちょっと。ピンまでは230ヤード。あそこまで寄っているとは思いませんでした」という福嶋。エッジまでなら4番アイアン、グリーンセンターまでなら3番、ピンが奥なので2番という計算。 「距離的には230なんて飛んでませんよ。210ヤード。あとは転がりです」

先週は日本女子プロで優勝。「ものすごく神経を使った」という。疲労している。夜がなかなか寝つけない。しかし今週をなんとか過ごせば来週は休めると思って、必死にやっているんだとか。
「今日はせいぜい60台がでれば上出来と思っていたんですけど。上半身と下半身のバランスが悪くなっていて、いろいろ考えながら1打1打やっていました。5番ホールかな、良くなってきたのは。わかったと思ったらすぐ6番でバーディ。良かったです」

こうなったら、もちろん2週連続優勝を狙う。もちろん塩谷育代も必死で頑張る。福嶋にばかりいい思いをさせておく訳にはいかない。最終日、あまり天候は良くなさそうだが、さて、どんな展開になるか。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。