GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯の最新ゴルフニュースをお届け

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯
期間:09/11~09/14  場所: 富士カントリー塩河C(岐阜)

福嶋晃子、独走でついに公式戦を獲得

1997/09/14 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 福嶋晃子 -9 283
2 島袋美幸 -4 288
3 村口史子 -2 290
4 黄玉珍 0 292
5 木村敏美 +1 293
5 中野晶 +1 293
5 野呂奈津子 +1 293
5 山岡明美 +1 293
9 金愛淑 +2 294
10 本山裕子 +3 295

スコア詳細を見る

これまで7勝。しかし公式戦には不思議に縁がなかった。3日目を終わって2位に4打差。最終日も福嶋晃子がただ一人走り続けた。4バーディ、3ボギー。結局アンダーを1つ増してトータル9アンダー。

「もうめちゃめちゃ嬉しい。うまく言えないけど、ヤッター!という感じです」と福嶋。 年間3勝、メジャー初勝利と、この試合には多くのものがかかっていた。 「スタート前、緊張している自分がおかしくて、つい笑ってしまいました。どういう展開になるか予想できなかったんで、とにかく2ケタのアンダーだ、と目標を決めてたんです」

2ケタの勝利には届かなかった。しかし、念願の優勝。 「慎重に、しかし守るな!、と自分に言い聞かせてプレーしてたんです」という。優勝シーンで、涙は出なかった。
人から「勝って当たり前だと思え」と言われた。自分では、まだそんな実力ではないという気がしていた。 「でもそう思うようにしていったら、なんというか純粋というか無我夢中でプレーに専念できるようになりました」 涙が出なかったのはそのせいだという。余計なことを考えない。余計な心配をしない。自分のプレーを続ければ、勝てるときには勝てる。そこに涙の介在する余地はない?

福嶋晃子は本当に強い選手になった。もう去年の賞金女王がフロックだなどど言うゴルフファンは絶対にいない。今年は三菱電機、 ゴルフ5に続く3つ目の優勝。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。