GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯の最新ゴルフニュースをお届け

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯
期間:09/11~09/14  場所: 富士カントリー塩河C(岐阜)

福嶋晃子、今日は60台をマーク

1997/09/12 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 福嶋晃子 -5 283
2 石黒裕季子 -4 303
3 黄玉珍 -3 292
4 木村敏美 -2 293
4 森口祐子 -2 300
6 池渕富子 -1 303
6 金愛淑 -1 294
6 野呂奈津子 -1 293
6 不動裕理 -1 298
10 久保樹乃 0 298

スコア詳細を見る

あらららという展開で、上位は大幅に入れ替わった。男子のサントリーではジャンボが上がってきたけど、女子もやはり現在賞金リーダーの福嶋晃子がボギーなしの4バーディでグイッと首位に。実力なんでしょうね。
「今日はあまり曲がらなかったし、85点というところです。感覚が戻っているという感じ。ゆっくりやろうと思ってプレーしました。」と福嶋。彼女の場合はパットからスウィングのリズムが狂ってくるのだという。ショットが悪くてもスコアにはなる。しかしパットが悪いとショットまで悪くなってしまう。

石黒裕季子は出だし好調。3バーディで来たが7番でダボ。「このダボでつまづいて・・でも後半も、12番でボギーのあとすぐバーディがきてくれたんで・・。明日は福嶋さんに関係なく、ボールに集中してやりたいと思います」
石黒は今朝も犬の散歩をしてきたんだとか。昨日の初日も、プレーが終わってから散歩に連れ出した。だからどうした、というわけじゃないんだけど、女子プロって、不思議にこのての(意図しない)ユーモラスなことを話してくれる人が多い。同志社出身。27歳。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。