GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ミズノレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

高須愛子、逃げきって4年ぶり優勝

1997/08/10 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 高須愛子 -5 211
2 井上葉香 -4 212
3 J.バーソロミュー -3 213
4 黄玉珍 -2 214
5 ク・オッキ 0 216
5 M.マクガイア 0 216
7 肥後かおり +1 217
8 李五順 +2 218
9 川波由利 +3 219
9 渡辺真理子 +3 219

スコア詳細を見る

4年ぶり。高須愛子がほんとうに久しぶりの優勝を味わった。アウトは3バーディ。しかしインに入ってからは1バーディ、2ボギー。最終ホールも井上陽子のボギーに助けられたという感じで、かろうじて逃げきったという表現が近い。 「最後は、ちょっと恥ずかしいです。絶対プレーオフになると思ってました」と高須。

最後の優勝は93年のヨネックス。14勝をあげたプロが、以来パッタリ勝てなくなった。周囲の若手の台頭も、ひしひしと肌で感じてきた。「もう勝てないのではないか。引退かな、とも思いました」という。
しかし2年前、ホノルルマラソンにも参加してからランニングをメニューに取り入れた。今年になって、もう一度頑張ってみようと思い直した。 「今回は3日間、集中力が途切れずプレーできました。こんな過酷なコンディショッで勝ったんだから、これからもたいていのことはガマンできます」 45歳。まだまだやれることを証明した。

「若手」の代表格、井上陽子は1歩及ばなかった。まだ25歳だが昨年は明乳カップで勝って5年シード。今週もチャンスだったが最後のボギーが痛かった。「18番のセカンドは爪先下がり。6番で強く打つと左にひっかけるイメージがあってそれで5番。フェードを打ちたかったんですが、打ってしまってから大きいことに気がつきました」 このボールがバンカー。寄らず入らずのボギー。
「でも今回はいい勉強になりました。来週も頑張ります」と井上。若手がどんどん経験をつんで強くなっている。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。