GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

情熱と挑戦! 岡本綾子、46歳の勝利

1997/06/30 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 岡本綾子 +7 295
2 福嶋晃子 +10 298
3 日吉久美子 +11 299
4 上田友子 +12 300
4 村井真由美 +12 300
6 肥後かおり +13 301
6 M.マクガイア +13 301
8 木村敏美 +15 303
8 塩谷育代 +15 303
8 H.W.ハン* +15 303

スコア詳細を見る

強い岡本綾子が復活した!と言ってもいいだろう。一昨年は勝利なし。昨年もフジサンケイの1勝のみ。海外18勝をふくめてなんと60勝をあげている世界の岡本も、もう盛りを過ぎてしまったのだろうか・・。そんなファンの心配を吹き飛ばすような、堂々たる女子オープンの優勝だった。

日本の女子ツアーではまず見られないようなタフなコースコンディション。深く粘るラフ。滑るようなグリーン。ミスを容赦しないトリッキーなグリーン回りの設定。多くの選手があっけなく、ボロボロとスコアを崩していくコースで、アヤコだけが最後まで安定したプレーを見せてくれた。

「具玉姫が出だしでダブルボギー。本人にとっては残念でしょうけど、私にとってはすごく楽になりました」という岡本。アヤコだって内心は綱渡りの心境だったのだ。「2回目の女子オープン優勝なんて、90%以上、ありえないと思ってました」という。

「でもチャンスだから具玉姫を引き離そうなどどは考えなかった。なんというか、今まで経験したことのない気持ちです。守るというのでもなく、自分を強く戒めるというか、そういう気持ちで18ホールをプレーしました」と岡本。しかし外見は、そんな内心の揺れ動きをまったく感じさせないような、横綱相撲のラウンドに見えた。

「このコースはただ単に守ろうなんて思ったら、ズルズル行ってしまう」という。つい昨日まで安定したショットを放っていた具玉姫が、まったく別人のようなゴルフ内容で音をたてて転落していった。前日まで2位の選手が83を叩いてしまう! 実際に具玉姫が守ろうと思ったのかどうかは分からない。体調も悪かった。「今日は本当に長い1日でした」と具。ほんのちょっとしたキッカケで、たちまち地獄のようなラウンドに陥ってしまうのが、この女子オープンなのだ。

情熱と挑戦。この言葉とともに新しいアヤコがスタートしたのだという。このコースで勝てたことで、まだゴルフをやっていけるのかなという気持ちになった。若いプロに「岡本さんのゴルフは50歳からですよ」と言われたことがある。46歳はまだ若い。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。