GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ダンロップツインレイクスレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

最終18番イーグルで具玉姫が逆転優勝

1997/06/22 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 ク・オッキ -5 211
2 イ・ヨン・ミ -3 213
2 藤崎とし子 -3 213
4 高村博美 -2 214
4 芳賀ゆきよ -2 214
6 大場美智恵 -1 215
6 木村敏美 -1 215
8 大城あかね 0 216
8 岡田美智子 0 216
8 本山恵子 0 216

スコア詳細を見る

若い藤崎とし子、今季初出場の本山恵子がトップを走る試合だったが、やはり下からベテランが上がってきた。おなじみの具玉姫。「実は、7アンダーで優勝する夢をみたんですよ。でも実際のプレー内容は上がったり下がったりで、信じてはいなかったんですけど」

6バーディ、3ボギーで迎えた最終18番。セカンド残り200ヤードを3Wで2オン。その15メートルのパットが入ってしまった。「フックライン。イーグルを入れようなんて思っていません。狙って入ったパットではないんです」 2パットでいけば優勝の可能性もあると読んでいた。3パットはしないように、気持ちを全面に出さないように打った。それが入ってしまった。「来週は日本女子オープンです。この試合に合わせて調整しています。頑張りますよ」

「本当に満足しています」と言う藤崎とし子。大きな収穫があったという。「負けてもともとと考えてましたから、悔しくはないです。2度目の最終組を経験して、必要なのは「粘り」だとわかりました。自分のプレーをできれば、なんとか戦っていけるんだなという自信がつきましたから」

本山恵子は15番から連続3ボギー。75と崩れた。「ずーっと自分のリズムでゴルフができました。でも後半疲れてしまって、15番のボギーであせりが出てきて・・・。もっと頑張りたかったんですが、しょうがないですよね。いい経験です」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。