GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

塩谷育代、余裕の展開で今季初優勝

1997/06/15 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 塩谷育代 -16 272
2 島袋美幸 -9 279
2 山崎千佳代 -9 279
4 木村敏美 -7 281
5 元載淑 -6 282
5 原田香里 -6 282
7 イ・ヨン・ミ -5 283
8 城戸富貴 -4 284
8 武田久子 -4 284
8 安井純子 -4 284

スコア詳細を見る

文句無しの優勝。しかし塩谷育代の頭の中にあったのは20アンダーというレコードのこと。「朝から20、20と思ってプレーしてました。記録に挑戦です」という塩谷。スタート時点で2位との差がありすぎた。20アンダーという課題を自分に課したことは結果的にも成功だったのだろう。
「1番バーディ、2番のボギーはまた一からやりなおしだと思ってましたが、16番でボギーを打ったときはこの世の終わりかというショックで....」
結果的には優勝した。今季はダイキン、再春館と最終日最終組で回って破れている。「今年のモヤモヤが少しは晴れた気がします。なんといっても優勝ですもんね」 優勝もして、賞金ランクも2位に浮上したものの「上がりでボギーを2ホールも叩くというのはどうも...」と実はスッキリしていない。今日から塩谷の頭の中には「20アンダー」の代わりに「日本女子オープン」が居すわっているはずだ。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。