GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子大王製紙エリエール女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

山崎千佳代、逃げきって今季初勝利!

順位 選手名 通算 合計
1 山崎千佳代 -6 210
2 ク・オッキ -4 212
2 元載淑 -4 212
2 高村亜紀 -4 212
5 肥後かおり -3 213
6 福嶋晃子 -1 215
6 島袋美幸 -1 215
6 リーウェンリン -1 215
9 曽秀鳳 0 216
9 乃村三枝子 0 216

スコア詳細を見る

風もあり寒かった最終日。この日も全般にスコアが伸びなかった。みんなが足踏みしている中、たった1ストロークとはいえ貯金を増やした山崎千佳代が今季初勝利。このところ、毎年1勝ペースになってきた。

山崎千佳代は前半で3バーディ、1ボギー。これが余裕となって15番でのボギーも大勢に影響をもたらさず、危なげなく逃げきり。「これまでの優勝とは違った心地よい疲れがあります。スタートからいい意味の緊張感があって、最後まで持続できました」
決してミスがなかったわけではない。「勝つときはミスがミスにならないんですね。運が味方してくれたのかな。終わってみるとそう思います」

先週、所属先(ダスキン)の会長が亡くなったという。契約して4年のおつきあい。「見守っていただいてるのかなと、ラウンド途中で感じました。いい報告ができると思います」 これでランキングも56位から急上昇。優勝での出場権利とは別にマネーランキングシードも確保した。

具玉姫の大会3連覇はならなかった。33-37の70。「前半はなんとか流れをつかんでバーディをとれたんですけどね。後半に入るとバーディチャンスにすらつかなくなってしまった」
今季の賞金女王の望みもなくなった。「でもこれでゴルフが終わるわけじゃないです。また来年へつなげていきます」

この試合で今季の獲得賞金を8000万円弱とした服部道子が2位との差を1400万円弱として賞金女王確定。「今週自分がいいプレーをして、その結果として女王をとりたかった。ちょっとスッキリしません。夏ごろから自分でも狙い、周囲からも期待されていたタイトルなんで・・・ほんとは、まだ実感がわかないんですけど」
あと1試合。「いいときに勝たないと運も逃げてしまいそう。気を引き締めて臨みます」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには藤田美里選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。