GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子LPGAジャパンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

小林浩美、混戦を制して逆転優勝!

順位 選手名 通算 合計
1 小林浩美 -11 205
2 T.バレット -11 205
3 L.ケーン -9 207
4 B.キング -7 209
4 H.アルフレッドソン -7 209
4 黄玉珍 -7 209
7 L.ウォルターズ -6 210
8 R.ジョーンズ -5 211
8 C.ジョンソン -5 211
8 G.グラハム -5 211

スコア詳細を見る

激しい戦いだった。前日首位のローリー・ケーン(カナダ)はスコアを伸ばせず。しかし下からはティナ・バレット(米)が上がってくる。台湾の黄玉珍も健闘する。そんな展開の中で、再三のバーディチャンスを逃がし続けながら小林浩美がじっとガマン。終盤に入ってから一気にバーディ攻勢をかけて首位に追いつきプレーオフ! 3ホール目でヒロミが大きな勝利をものにした。

「いやー、もう、すごく嬉しい!」と小林浩美はひたすら笑った。「スコアが競ってたので、誰にもチャンスがあった。なんとか10アンダー以上にいきたいと思ってプレーしたんです」
11番で7アンダーに落とした。ちょっと諦めかけた。しかし13番でL.ケーンがボギー。「まだチャンスはあるな、と思いなおした。残りのホールはショートアイアンで打てるんだし。狙わなくちゃいけない。とにかくピンを狙っていきました」

これで今シーズンはLPGA2勝。「93年に2勝したときより自分の中ではランクアップしてると思います。いつかはメジャーに勝ちたい。その夢に向かって頑張っていきたいです」
コツコツ、安定したプレーをしたいと考えている。「とんでもないゴルフをしないと勝てないというんじゃだめです。安定したゴルフをしていれば勝てるというふうにならないと・・」

16番、17番、18番とバーディを取るたびにギャラリーが大歓声を上げてくれた。「嬉しかったです。打つときにはシーンと静かになってくれるし。アメリカでやってるときは自分が外国人です。やっぱりこれほどの雰囲気は味わえないですから」

プレーオフで破れたティナ・バレットは、18番で11メートルを入れて優勝を確信していた。しかし、ちょっとまだ不安が残ったという。その不安が的中。「思い通りのプレーはできたんだけど・・・最後はちょっと外してしまった。幸運の女神に見放されてしまったのね」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。