GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子樋口久子・紀文クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

樋口久子・紀文クラシック
期間:10/23~10/25  場所: ザ・グリーンブライヤー・ウエストヴィレッジ(福島)

服部道子、堂々の今季4勝!

1998/10/25 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 服部道子 -4 212
2 原田香里 -2 214
2 ハン・ヒーウォン -2 214
4 金萬壽 -1 215
5 井上陽子 0 216
6 M.マクガイヤ +1 217
6 黄玉珍 +1 217
8 村井真由美 +2 218
8 中嶋千尋 +2 218
10 柴田綾子 +3 219

スコア詳細を見る

終わってみれば上位が総崩れ。ひとり生き残った服部道子が今季4回目の優勝を飾った。1シーズン4勝は服部にとっても初めて。これで賞金ランキングでも6677万円と頭ひとつ抜け出した。ただし原田香里もしっかり食い下がって900万円差の5774万円。まだまだ予断を許さない。

最終日の服部道子は2バーディ、1ボギー。「ラッキーなパターがだいぶ入りました。プレッシャーもなかったです」
 実はボギーを叩いた17番で韓熙圓に1打差にまで詰め寄られた。「でもまだ自分の方が有利だし、動揺はありませんでした。18番は難しいホールだし、自分がやるべきことをやれば大丈夫と思っていました」

前向きな気持ちでプレーして、その結果として勝てたのが嬉しいという。「18番の2メートルくらいのパーパットもラインがしっかり見えました。いいストロークをすることだけ考えて、あとは迷わず打つだけです」
自信がうまれている。「迷いがないですね。ゆったり振れてます。4勝もすると、今度は5勝したくなりますね。今思うと、勝てなかった頃ってのは、どうして勝てなかったんだろうと不思議なくらいです。一生懸命やってたんですけどね」

韓熙圓は惜しかった。「17番で1打差だったけど、優勝はムリと思ってました。難しい18番でバーディとらなければならないし、服部サンがボギー叩くとは思えないし」
2位賞金553万円を稼いだ。「ホントにこれでシード、大丈夫ですか?」と何回も確認した。「ホッとしました。これで韓国に帰って選手権に出ます。まだ日本で3試合ありますから、もう一回優勝争いしたいですね」

賞金レースで服部道子を追う原田香里は、まだまだ賞金女王を狙い続ける。「私の言えることはひとつだけしかないです。最後の最後まで、何が起きるかわからないのがゴルフです! ガンバリます」


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには曽田千春プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。